emili 電子タバコのニコチンについて!おすすめの味

禁煙ブームが始まる頃に電子タバコが登場してかなりの年月が経ちました。電子タバコは危険だ!電子タバコはタバコよりも体に悪い!などという、根も葉もない噂が飛び交い、電子タバコ=健康に良くないというイメージのまま現在に至っているふしがあります。

しかし、ここ最近、その電子タバコがブームになりつつあるようです。それはどうしてでしょうか?

それは電子タバコはニコチンを含んでいないからです。身体に害をもたらすニコチンが入っていない製品であることから、健康志向の人々によって、再注目され、話題を呼んでいるのかもしれません。

電子タバコの人気ブランドは、いくつもありますが、その中でも最近特に人気の電子タバコemiliについてを、少し詳しくご紹介していきます。

電子タバコemili(エミリ)関連記事

電子タバコemiliが人気の理由

電子タバコは、その本体をアトマイザーとバッテリーで構成されています。バッテリーはアトマイザー内部に入れたリキッドを熱する為に必要な電源。ですから、充電して使う仕組みになっています。

アトマイザー部分にリキッド(液体)をいれて加熱すると、蒸気が発生します。電子タバコの仕組みは、この蒸気を吸引するというものなのです。

電子タバコというと、以前は大きくてかさばる、外出に携帯するには不便など、大きさの難点がありましたが、emiliが発売された途端、その小ささ、スマートさに人気が集まりました。
ケースもついているので、すべてをそこに収めて持ち運ぶのにとっても便利です。そんなところが、emiliの人気の秘密のようです。

タバコの害悪の元であるニコチンとはどんなもの?

まず、タバコを吸う際に、身体に悪いとされるニコチンとは、一体どんなものなのか?簡単にご説明いたしましょう。

ニコチンとは、有毒物質であるアルカロイドの一種です。

タバコの葉(ニコチアナ)に含まれている物質で、かなり強い即効性を持つ神経毒成分を含んでいます。ですから、コカインやヘロイン、アンフェタミンと同じような強い依存性を持っているのですね。

ニコチンを摂取すると、瞬間的に心地よい感覚になりいい気分になります。いわゆる覚醒作用を得た状態なのですが、このニコチンが身体の中から消えると、一変して強い不快感が表れるのです。
その状態が辛いので、またニコチンを摂取する。この繰り返しが依存状態となっているのです。どんどん依存状態が強くなればなるほど、タバコをやめることが困難になってしまい、結果、禁煙しようとしてもできない状態に陥ってしまいます。

ニコチンは「毒物」に認定されているので、多く接種すると死に至ります。
現代のマウス実験によるニコチンの致死量は0.5gから1gだと考えられていて、特に小さなお子様がいるご家庭では注意が必要です。

ニコチンニコチンと私達が気軽に言っているこのたばこは、とても恐ろしい「毒物」だったのですね。それを燃やして吸う従来のタバコが、いかに身体に影響を及ぼす物であるのか?これで少しおわかりいただけたでしょうか?

電子タバコにニコチンは入っているの?

電子タバコには、ニコチンは入っているのでしょうか?

一時期、噂やデマで、電子タバコは普通のタバコよりもニコチンが強いとか、電子タバコの方が身体に悪いなどという話も耳に入ったりしましたが、その実態はどうなのでしょうか?

従来のたばこの成分は上に記載した通りでご理解いただけましたね。「毒物」であるニコチンを含んだ葉を燃焼させて、その煙を吸うのが従来のタバコの吸い方です。

しかし、電子タバコは、本体部分にリキッドと呼ばれる液体を入れて、それをバッテリーで加熱して発生した蒸気を吸うものです。この二つは仕組みが全く違います。

電子タバコ自体は、リキッドを加熱するため、そして口から吸いこむための「道具」でしかありません。

危険なものが含まれるとすれば?
加熱して蒸気を発せさせるための「リキッド」の成分が重要になってきます。

日本では、ニコチン入りのリキッドの販売は、薬事法で禁止されています。販売すること自体禁止されているのです。
ですから、日本で製造され販売されている国産のリキッドに、ニコチンは入っていません。安心して使うことができるのです。

たまに、ニコチン入りのリキッドを使っているという方がいますが、それはほぼ個人で海外から輸入したものだと思われます。外国製だとニコチン入りのリキッドが販売されています。

しかし、ニコチン以外にもその他の化学物質が含まれていたり、成分が怪しいものもあるなど、健康が保証されていない粗悪品も多々ありますので、やはり健康的に電子タバコを使うのならば、国産品を使用するのが一番です。

電子タバコemiliは安全なのか?

上記のことから、安全であると言えます。

ただし、電子タバコは熱を使う器具です。ですから間違った使い方をせずに、正しく使うことによってはじめて健康に害のない電子タバコの使い方ができることになりますので、くれぐれも間違った使い方をしないように、注意したいものです。

電子タバコのリキッドについて

従来のタバコは葉を燃焼させ煙を吸い、ニコチンによる一時的な覚せい作用でリラックスするものでしたが、依存症や病気を発生させるなど、身体に危険を及ぼします。

しかし、電子タバコは、リキッドの蒸気を吸う。
無害である液体を熱して蒸気を吸うのですから、安全な事このうえないわけです。

一言で言うなら「フレーバーを楽しみリラックスする!」ということでしょうか?ですから、リキッドには様々な香りのものが販売されており、好みに応じて選んだり、気分によって使い分けたりすることを楽しめます。

また従来のタバコで問題とされているのは、健康の問題だけではありませんでした。

その問題視されているものとは、タバコのヤニが発する「悪臭」です。タバコを吸っている人のそばでニオイがつく、吸っている人の口が臭い、お隣からの煙で洗濯物が臭くなるなど、その影響は隣人トラブルにまで発展し、社会問題になることも。

しかし電子タバコは、リキッドの香りを楽しむだけで、他の人に迷惑をかけるような悪臭も、副流煙の心配もないわけです。

自分の好みだけで好きなものを選び、思う存分吸えるって、とても気楽でいいですよね。何よりも周りの方に迷惑をかけないところが安心です。

リキッドのおすすめの味は?

先ほども少しご説明したように、日本製のリキッドには、ニコチンが含まれていません。

最近では、安全で健康に害を及ぼさないリキッドを選ばれる方が増えているようで、そんな日本製のリキッドの売れ行きが伸びているようです。

そこでどんな味が人気なのかを日本のメーカーの商品で調べてみました。

Frienbr(フレンバー)

1位マスカット(オリジナルのマスカット味でジューシー)
2位ストロングメンソール(従来のメンソールよりも強い清涼感)
3位ピーチミント(白桃+ミントでみずみずしく上品な味)

KAMIKAZE(カミカゼ)

1位スーパーハードメンソール(メンソールが濃く満足感を得られる)
2位レッドブルフレーバー(本物に近い味)
3位アップルアタック(リンゴ味で安定した人気)

その他にも、様々なメーカーからたくさんのフレーバーが販売されていますね。自分に合った好みの味を見つけられるまで、いろいろと比べてみるのもいいかもしれません。

海外製の粗悪品だと、化学物質の味がしたり、味が薄かったりと問題があるものも多いようです。安心して電子タバコを吸いたいのならば、安全度の高い国産メーカーを使うことをお勧めいたします。

まとめ

電子タバコにはニコチンが入っているという噂から、電子タバコは安全じゃないのでは?という認識が広がっていましたが、いろいろ詳しく調べてみると、きわめて安全であることがわかりましたね。

従来のタバコを吸う人は、本数を減らして徐々に電子タバコに以降させるなどすると、禁煙に成功する率も高まるかもしれません。

また、今までタバコを吸わなかった人も、安全に楽しめる嗜好品の1つとして、電子タバコにチャレンジしてみるのもいいですね。

身体にとって何が良くて何が悪いのかをしっかり見極めたうえで、安全安心に、電子タバコを使うことをおすすめいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です