emili電子タバコの充電方法や充電時間、使用時間

今、全国各地に電子タバコの専門ショップがオープンするなど、じわじわと話題を呼んでいる、電子タバコ。その使い方や仕組みなど、皆様詳しくご存知ですか?

従来のタバコと違い、煙や灰が出ない便利な電子タバコ。ニコチンが入っていないので、身体に害を与えることもなく、煙の代わりに蒸気を吸うので、副流煙にも悩まされることもなく、そして、タバコのあのしつこいヤニのニオイもせず、代わりにフレーバーな味と香りを楽しむことができるのです。

その電子タバコ(emili)の使い方、充電方法、充電時間などについて、これからご紹介していきたいと思います。

電子タバコemili(エミリ)関連記事

スポンサードリンク

電子タバコの基本的な使い方

電子タバコは、基本的に本体がアトマイザーとバッテリーの部分から出来ています。

アトマイザーは、リキッド(液体)を入れて加熱し蒸気を発生させる部分、そして、バッテリーはリキッドを加熱する時に必要な電源です。

ボタンを押して熱を発生させアトマイザー内のリキッドを加熱します。そして蒸気を発生させて吸い込みます。使い方をシンプルに説明するとこういう感じです。
バッテリーは充電式ですので、前もって充電させておきましょう。

またアトマイザーの加熱するコイルの部分に、リキッドを充填させておくことも必要です。数分間かかりますが、充填しないまま加熱すると、空焚きになってしまいますので注意が必要です。

従来のタバコは、火を外部からとり(ライター)、タバコを燃焼させ吸いますが、電子タバコでは、自分で熱を作り出すバッテリーがついていて本体と一体化しています。

なんだか小さな電子部品みたいですよね?

自力で加熱することができるので、タバコのように、ライターを別で持ち歩く必要もなく、電源を内部に格納しているようなものなので、とても便利です。

電子タバコemiliの構造

電子タバコでも、使い方はほぼ同一ですが、構造がメーカーによって多少違います。ここではemiliについて見ていきましょう。

emiliの本体は、バッテリー、アトマイザーコイル、アトマイザーチューブの3つに分かれています。どれもネジのように回せば簡単にはずれます。

アトマイザーのコイル部分に、リキッドを充填する際は、アトマイザー部分を逆さに持って真ん中に入らないように充填します。

電子タバコemiliの充電方法

バッテリーは、充電してから使います。もし使用している時にバッテリーのランプが点滅(10回点滅)したら、電気がなくなってきた合図なので、充電する必要があります。

充電の仕方は、まずは、携帯用充電ケース自体を先に充電しておくことが必要です。

ここではその携帯用充電ケースから電子タバコへ充電するやり方をご説明いたします。

携帯用充電ケースから電子タバコを充電する方法

  1. 本体をロックします。
  2. 携帯ケースの蓋をスライドさせて開け、携帯用充電ケースに電子タバコ本体をセットします。
    (2本まで充電できます。)
  3. 携帯用充電ケースの蓋を閉めます。
  4. 携帯用充電ケースのスイッチを「ON」にします。
  5. ~充電スタート~
    (電子タバコ本体のバッテリーランプが赤に、携帯用充電ケースのバッテリーランプが緑に点滅します。)
  6. ~充電終了~
    (電子タバコ本体のバッテリーランプが緑に変わります。)
  7. 充電が終了したら、携帯用充電ケースのスイッチを「OFF」にします。

もし途中で携帯用充電ケースのバッテリーランプが赤色の点滅になった場合は、携帯用充電ケースの充電が必要になってきます。

その際のやり方はこちら。

スポンサードリンク

携帯用充電ケースの充電方法

  1. 携帯用充電ケースの側面にあるミニUSBポートに、付属のUSB充電ケーブルをつないで、USB端子をパソコンにつないで充電します。
    (家庭用コンセントで充電する場合は、電源アダプターかUSB-ACに差し込んでから充電します。)
  2. ~充電スタート~(携帯用充電ケースのバッテリーランプが赤に点滅します。)
  3. ~充電終了~(携帯用充電ケースのバッテリーランプが緑に変わります。)

携帯用充電ケースを充電する際、充電中に、中に電子タバコをセットして、同時に電子タバコ本体を充電することも可能です。

emiliの携帯用充電ケースから充電はどれだけ可能?

携帯用充電ケースがフルで充電されている場合は、電子タバコ1本を10回充電できます。

電子タバコ2本を同時に充電する際は、5回充電することができます。

emili電子タバコ本体と携帯用充電ケースの充電時間

電子タバコ本体、携帯用充電ケースのそれぞれをフルで充電するには、以下のような時間がかかります。

  • 電子タバコ本体の充電時間・・・1時間
  • 携帯用充電ケースの充電時間・・・3時間

また、携帯用充電ケースに電子タバコ本体をセットし、両方のフル充電を行うには、以下のような時間がかかります。

  • 電子タバコを携帯用充電ケースにセットし、電子タバコ本体と携帯用充電ケースの両方を充電する時の充電時間・・・4時間

emili電子タバコの使用可能時間

電子タバコ1本での、連続使用時間は約7~8時間くらいもつと言う方もいるようですが、何時間もつのかについては詳細なデータがありませんので不明です。

吸う頻度にもよりますが、電子タバコ2本をフル充電して、丸一日余裕でもったという話が多いようなので、普通の方でしたら、これを基準に考えていただけたらと思います。

携帯できる充電ケースがあるので、多めに吸う方でも、途中で充電すれば充分もつのでは?と思われます。

emili電子タバコのメンテナンス

  1. 長く安全に使うためには、こまめなメンテナンスが大切です。ここで電子タバコemiliの簡単なメンテナンス方法をご紹介いたします。
  2. まずは本体のバッテリー、アトマイザーコイル、アトマイザーチューブを3つに分解します。
  3. 次に、アトマイザーをきれいにします。アトマイザーの中にリキッドが付着している場合は、コップの中に水か消毒用エタノールを入れ、10分ほど浸します。
  4. その後軽くすすぎ、水分を拭きとったあと、完全に乾くまでしっかり乾燥させます。
  5. アトマイザーのコイル部分は、劣化してきたら新しいものと交換するようにしましょう。

古いまま使っていると、味が変わって来るだけでなく、雑菌等が繁殖しやすくなります。

清潔に安全に使うためには、定期的にコイル部分をとりかえましょう。そのためにも、スペア等を購入するのを忘れないように!

まとめ

ここまで電子タバコemiliについての、使い方、充電方法、使用時間とメンテナンス方法について簡単にご紹介してきましたが、いかがでしたか?

どれも難しい事はなく、毎日使う上でも問題のない作業ばかりでしたね。

従来のタバコは使い捨てポイ!が可能で、そのせいで様々な社会問題も引き起こしているほどですが、この電子タバコは、身体に害のある煙(副流煙)も出ませんし、もちろん灰も出ません。嫌なヤニのニオイも出ないし、その上、タバコの吸い殻ほどにはゴミも出ません。

ただし、蒸気を体に吸い込むという毎日の行為は、密接に健康とかかわっており、正確な使い方をすることは、安全の上ではとても大事な事ですよね。

ですから、これらの使い方をマスターし、電子タバコをより安全に日々楽しんでいただけたらと思います。

これからも電子タバコは更なる進化を遂げていくように思われます。ますます使いやすいものが開発されるかもしれませんね。何よりも、まずは健康な電子タバコの使い方で、日常をより豊かにしていっていただけたらと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です