タバコの臭いを消す方法!口臭がひどい時の対策・改善方法

普段タバコを吸わない非喫煙者の方からすれば、喫煙者の方はタバコ臭いというイメージがあると思います。タバコの臭いは独特な匂いを発する上、臭い自体も長く残るものです。喫煙後の講習はそのままにしておくと強い臭いを放ってしまうことも考えられますので十分に注意が必要です。

タバコを吸った後にひどい口臭の方を一度は見かけたことが思いますが、その反対に、タバコを吸った後なのに、それほど口臭が臭わないという方も見かけたことはありませんでしょうか?この違いは一体何なのか!タバコを吸った後のケアなどでその後の口臭の変化に繋がってくるということです。

ということで、タバコのひどい口臭になる原因の物質などについて記載していきつつ、タバコを吸った後のケアなどについてご紹介していきたいと思います。

今から紹介するものを実践すれば、必ずタバコ臭い口臭をスッキリと解消することができると思います。

今すぐ実践できる!髪や服についたタバコの臭いを消す8つの方法!

2018.04.05

完全消臭!車内のタバコの臭いを消す8つの方法

2018.04.05

どのようなタバコ成分が口臭をひどくしているのか

タバコに含まれる成分は多くの成分があり、その中に有害物質も含まれております。その含まれている成分の中でも特に口臭の原因になってしまう成分の紹介をしていきます。参考程度にご覧いただければと思います。

口臭の原因:ニコチン

タバコに含まれるニコチンには利尿作用があります。これは簡単に言いますと、体の水分を外に排出する力があるということになります。体の中の水分が少なくなると喉が渇きます。同時に唾液の分泌も少なくなると考えられます。唾液の分泌が少なくなると舌が乾いて細菌や微生物が繁殖しやすくなりますので、それが口臭の原因になります。

口の中には常に多くの細菌や微生物がいるのですが、種類も様々で中には臭い匂いを出したり、その臭い匂いを出す手伝いをしてしまうような働きをする種類のものもあるのです。

口臭の原因:タール

タールは最もきつい口臭の元になります。「アセトアルデヒド」「アンモニア」「酢酸」という物質を発生させます。アセトアルデヒドは、車の排気口からするような刺激臭、息が詰まるような匂いです。アンモニアは理科の実験で多くの人が学んだように、尿のようなにおいとなります。酢酸は、汗のような酸っぱい匂いと表現されることが多い物質になります。

タールはその他にも様々な臭いがする物質を発生させ、口臭の原因となる物質は、「アセトアルデヒド」「アンモニア」「酢酸」の3つになります。

口臭の原因:一酸化炭素

タールとニコチン以外に、一酸化炭素も口臭の原因となります。これは血液中で酸素を運搬する働きのあるヘモグロビンと強く結ぶため、体内の酸素濃度を低下させてしまいます。また、口腔内の酸素濃度も低下し、ドライマウスの原因となり口臭を引き起こすことになります。

タバコの口臭を防ぐための対策・改善方法

タバコによる口臭を改善させたいという方であれば、禁煙をすることが一番良い解決策となるのですが、喫煙期間が長い人などの方は思うように禁煙ができないというケースが非常に多く見受けられます。

禁煙ができない方で、口臭がどうしても気になるという方々のために、喫煙を続けながらなるべく口臭も少なくできる対策・改善方法を紹介していきたいと思います。

喫煙後のうがいを心がけよう

喫煙後にうがいをすることによって、口の中に残ったタールなどの口臭の原因となる物質が完全に付着する前にできるだけ早く行うことが大切です。

うがいをする時は香りの強いものでうがいをするのではなく、水かぬるま湯などでうがいを行うことをお勧めいたします。

喫煙後の飲み物に気をつけよう

喫煙している方々の多くは、「喫煙しながらコーヒーを飲む」というような組み合わせがほとんどだと思われます。

この、タバコとコーヒーの組み合わせは口内環境悪化に加えて、コーヒーによる口内環境悪化も促してしまうので、口臭の面で危険な組み合わせとなります。

コーヒーに含まれるカフェインには強い利尿作用があるため、コーヒーを飲むことにより尿としての体内の水分を排出して体の水分量を低下させてしまいます。水分量の低下した体では唾液の分泌を十分に行うことができなくなるのです。このようなことになるとひどい口臭を引き起こす原因になります。

このようなことを踏まえて、喫煙中に飲み物を飲むのであれば、コーヒーなどのカフェイン入りの飲料水を避けていただき、水やノンカフェイン飲料などを飲むようにしましょう。

ジュースやスポーツ飲料は?
ジュースやスポーツ飲料は糖分がたくさん入っているので、できる限り避けていただきたいものです。糖分の過剰摂取により虫歯や歯周病の原因となります。

喫煙後は深呼吸をしてタバコの煙を排出する

喫煙後の数分間は、肺の中に煙が残った状態になっておりますので、肺の中に残っている煙は呼吸をする度に少しずつ排出されております。その肺に残っている煙は数分で無くなるのですが、残っている間はタバコの臭いにおいを発することになります。

喫煙後に深呼吸をすることによって、肺の中に残った煙をより早く外に出し、新鮮な空気と入れ替えるようにしましょう。

喫煙後に歯を磨く

歯磨きをすることにより、歯や歯茎に付着したタールなどを落とすことによって、タバコを吸った後の口臭を、消す効果に期待ができます。

ただし、喫煙後の口臭を気にしすぎて1日に何度も歯を磨いてしまうと、歯茎を傷つけて余計に口臭がきつくなることが考えられますので、歯磨きの回数には十分に注意して行いましょう。

歯磨きのついでに舌を磨こう

喫煙後の舌の上にはかなりの量のタールが付着しており、それが口臭の原因の一つとなっております。舌の表面は目に見えないほどの細かいヒダが無数にあって、食べの物の食べかすや雑菌が無数に付着しているのです。

舌を磨くことによって付着していたタールを落とすことができ、口臭を抑える効果もあるのです。できるだけ歯ブラシなどでゴシゴシと磨くのではなく、舌を磨く専用のもので舌を磨いて口臭の改善に努めましょう。

また、 舌を磨きすぎるのもよくありませんので、どうしても口臭が気になる時などに、舌磨きをするようにしましょう。

喫煙後にガムを噛んで唾液の分泌量をアップ

喫煙後は血液循環が悪化したり、酸素濃度が低くくなっており、唾液の分泌量が低下することで口臭の原因となっております。

喫煙後にガムを噛むことにより、唾液の分泌量を強制的にアップさせることもひとつの改善方法になります。 できるだけ歯に優しいキシリトール配合のガムなどを噛むように心がけましょう。

水分補給もしっかりと!
ガムだけでは水分量が不足しがちなので、喫煙後には必ず水分補給を行うようにしてください。

タバコによる口内変化の説明

喫煙している全ての方に言えることは、喫煙者の口の中では、非喫煙者にはない「口内変化」が起こっていることです。

その、「口内変化」とはいったいどのようなことなのでしょうか?

 口内変化の種類 

  • 歯周病になりやすい
  • 舌苔(ぜったい)ができやすい
  • 膿栓ができやすい

この三つのことが喫煙習慣のある方々の口内変化と考えられます。

口内変化の舌苔(ぜったい)とは

舌苔というのは、舌に付着する白い苔状のものになります。

舌の上皮が伸びたものに細菌や食べかす、粘膜のカスが付着したもののことを言います。ストレスなどの心身系の原因や、免疫が低下したり、消化器の疾患によっても見られるようです。

まとめ

タバコの臭いを消す方法!口臭がひどい時の対策・改善方法などについて記載していきましたが、いかがでしたでしょうか?

最低限上記で記載していることを実践することにより、タバコを吸った後の口臭はそれほど気にならなくなると思われます。口臭を気になっているのであれば、最も行なってほしいことにがあります。「タバコとコーヒーの組み合わせをやめることです。」この組み合わせを止めることだけでも、口臭を抑えることができるので、是非参考にしていただきたいと思います。

上記で記載したことが皆様のお役に立てていれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

アイコスが赤点滅 赤点灯した時の直し方と正しいリセット方法

2018.03.14

新型アイコスの購入方法や値段と購入場所・取扱店舗の詳細

2018.03.13

新型アイコスの掃除方法(クリーニング)の手順やコツ・掃除キットについて

2018.03.12

新型アイコスの使い方とボタンの解説・充電方法や新旧の違いについて

2018.03.11

アイコス本体とヒートスティック人気の味の種類やニコチンの量について

2018.03.10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です