電子タバコglo(グロー)の通販や販売店について

禁煙ブームが過熱している今、話題を集めている電子タバコ。その電子タバコの中でも、タバコの葉を加熱して吸う形式の加熱式電子タバコが、今注目を集めています。

既に販売されているアイコス(フィリップモリス)やプルームテック(JT)は、人気の品で、在庫がなくなることもしばしば。そこへ新たな勢いをつけるかのように、BATから「glo」という名の新製品が発売されました。

2016年12月12日に発売された、加熱式電子タバコglo(グロー)。その、人気の秘密や、購入方法についての謎を調べてみました。

 glo(グロー)の関連記事

加熱式電子タバコglo(グロー)について

加熱式電子タバコとは、そもそもどういったものなのでしょうか?

電子タバコとは、リキッドと呼ばれる液体を加熱して出た蒸気を吸います。日本で販売されているリキッドには、ニコチンは含まれていません。(ニコチン入りを販売することは禁止されています。)ですから、タバコと言うよりは、リキッドのさまざまな香りと味を楽しむ身体に害のない嗜好品のようなイメージでしょうか?

それと比べて、加熱式電子タバコというのは、リキッドではなく従来のタバコと同じで「タバコの葉」を使います。ただし、従来のタバコのようにタバコの葉を燃焼させるのではなくて、「加熱」して蒸気を発生させ、その蒸気を吸うというものなのです。

従来のタバコと違い、体に有害なものを大幅にカットし、燃焼による煙も出ませんから副流煙も出ません。吸うまでの仕組みが根本から異なっているのです。

イメージ的には従来のタバコと電子タバコを足して2で割ったようなイメージでしょうか?

その加熱式タバコの新製品が、2016年12月に発売されました。それが話題の「glo(グロー)」なのです。

glo(グロー)の人気の秘密はここにある!

では、その新製品glo(グロー)は、発売開始前からなぜこんなにも話題になったのでしょうか?

それはタバコ会社大手BAT(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ)が開発し販売を手掛けたため、かなりの注目を集めたのです。

BATと言えば、ラッキーストライクやケントなどの有名なタバコを販売している会社。

その大手たばこ会社が、新たに加熱式電子タバコを開発したとなると、話題になるのも当然ですね。BATからいつ電子タバコが出るのかを、ずっと待ち望んでいた人も多いと思います。

また、その人気の理由は、新しいタイプの形状にあります。

従来の加熱式電子タバコは、バッテリーと加熱システム部分が別々になっていました。しかしgloが出した新製品は、バッテリーと加熱システムが一体化。デザインもとてもシンプルで洗練されたイメージで、センスの良さがうかがえます。

そのようなことが原因で、gloに人々の大きな注目が集まったと言えます。

スタートが仙台地域限定販売なのはなぜ?

glo(グロー)は、2016年12月12日に、仙台地域限定で発売を開始しました。

なぜ仙台地域限定なの?

それについては、詳しい情報は出ていませんが、発売元からの市場マーケテイングの関係から、一部限定地域でのスタートとなったようです。仙台地域で販売がうまくいけば、全国展開にする予定だということです。

喫煙に厳しいこの時代、売る側も様々な戦略を試みて、市場のユーザーの反応をうかがっているのでしょうね。

もう一つの理由は、glo(グロー)の公式販売店であるglo(グロー)ストアが、仙台市内にオープンしたことも原因のようです。

仙台のglo(グロー)ストアは、2016年12月16日にオープンしました。

glo(グロー)が発売開始されてから数日後ですね。このglo(グロー)ストアのすぐ近くには、以前からオープンしているアイコスストアがあるようです。そんな関連から、仙台に第一号店をオープンしたのだと思われます。

そんなglo(グロー)ストアのオープン当日は、転売目的の大量購入を防ぐべく、「購入券」を配布。1人に1台までしか販売しないような形態をとっていたようです。

そこまで話題を呼んだglo(グロー)は、直営店のお店以外に、どこで販売されているのでしょうか?

glo(グロー)はどこで販売されているの?

画像引用元:http://xn--u9jziobw442azgd.net/1228_glo_sendai/

glo(グロー)を販売している場所は以下の通りです。

  • 仙台市にあるglo(グロー)ストア
  • 仙台市内のコンビニエンスストア

ただし、購入できる条件は、仙台市に在住・在勤・在学の成人喫煙者のみで、買える数も1人につき1台のみだそうです。

購入時には、会員登録と製品登録の2つの登録が必要です。会員登録時には、身分証明書が必要で、製品登録の際には購入したglo(グロー)の製品登録が必要です。会員登録は、購入前からインターネットで登録が可能ですので、glo(グロー)の公式ホームページ上で前もって登録しておくとスムーズに購入できます。

コンビニエンスストアでは品切れの所が多いので(仕入れ在庫数が直営ストアよりも圧倒的に少ない)市内の色々なコンビニを回っても手に入らない場合もあるかもしれません。

市内のたばこ店にもあったとかないとか?噂はありますが、真偽のほどはわかりません。

発売初日は、かなり殺気立ち、お店とトラブルになりかけたところもあるようです。転売目的で1人で複数台買おうとしたり、さまざまな理由からのようですが、くれぐれもマナーとモラルを守って、お買い求めいただきたいと思います。

glo(グロー)は通販で販売されているの?

glo(グロー)は、通販でも販売がスタートしているようです。

通販でもお届け先住所が仙台地域じゃないと買えないなどという噂もありましたが、大手インターネット通販のページを実際に見てみると、そのような注意書きはないようです。

ただし、glo(グロー)公式サイトの方で、「30日間無料お試しトライアル」というものがあったようですが、それは「仙台市在住の人限定」だったようです。ですので、この件と、普通のインターネット通販の情報が混ざって間違った噂が流れたのかもしれませんね。

現在、Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングなどの大手のインターネット通販では普通に販売されているようなので、仙台地域に住んでいない人で、glo(グロー)を手に入れたいと思っている方は、ぜひ利用してみてください。

glo(グロー)の全国販売はいつから?

仙台地域限定で販売をスタートしたglo(グロー)ですが、全国販売はいつからなのでしょうか?

このテスト販売の結果によってということなのでしょうが、1年後には全国販売を開始と言われていましたが、最近の噂では、2017年3月頃ではないかと言われています。確実な情報ではありませんが、この人気ぶりを見ると、思ったより早くからスタートするのかな?という印象を受けます。

glo(グロー)が故障したら?

もしもgloが故障してしまったら?その時は、BATカスタマーセンターに連絡すると対応してくれるようです。

こういう時に、日本に直営店舗があるとありがたいですね。何か疑問点があれば、glo(グロー)ストアに問い合わせてみるのが一番でしょう。

glo(グロー)ストアの所在地

  • 住所:〒980-0811 宮城県仙台市青葉区1番町4丁目4−28
  • TEL:0120-010-657
  • 営業時間:10時00分~20時30分

まとめ

全国一斉販売という形ではなく、仙台地域限定販売からスタートしたgloですが、その人気ぶりは一ヶ月経ったいまでも変化がありません。手に入りにくいものだということが、その理由の一つでもありますが、やはり次世代新型加熱式電子たばこと言われているくらい、今までにない形やスタイルが、今の世代の人たちに受け入れられているように思います。

喫煙社会は、新しい時代を迎えています。

それは、身体に有害物質を含んでいるものから、有害物質を減らしたもの、含まないものへの進化です。

一時その勢力を弱めた各タバコ会社ですが、次世代タバコの開発で、これからは巻き返しの時期にきているのかもしれません。

そんな次世代新型タバコである加熱式電子タバコgloについてをご紹介しました。ぜひ、いろいろ試してみて、ご自分にあったひとつを見つけてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です