電子タバコ アイコスはコンビニで購入・予約可能?

世の中が禁煙ブーム一色の今、従来の紙巻きタバコに代わり、新しいタイプのタバコの開発が進んでいます。喫煙は身体に害をもたらし、禁煙が推奨される今、各大手タバコ会社は、新たなタバコ文化を作り上げようと、様々な試みを始めました。

各社、次世代タバコと言われるような、新タイプのタバコを次々と発売しています。

そんな中、発売以来人気の座を保ってきたアイコス。アイコスは今現在も品切れの状態が続く店が出るほどで、その人気は発売開始からずっと維持されて続けています。

このアイコスは、マルボーロなどでおなじみのたばこ会社大手、フィリップモリス社が発売しました。

アイコスのキャッチフレーズは、「IQOS(アイコス) は、火を使わず、灰が出ない、ニオイも少ない、革新的なテクノロジー。よりクリーンで革新的なライフスタイルがここから始まる。」というものです。

そんな新しいタイプの加熱式電子タバコ、アイコスについてを少し調べてみました。

加熱式電子タバコアイコスはどういうものか?

従来のタバコは、長い間紙巻きタバコが主流で、紙に巻かれたタバコの葉を燃焼させて、その煙を吸うものでした。しかしこのタイプのタバコは、肺がんや他の病気のリスクを高める可能性があることから、近年では喫煙のリスクの問題点を浮き彫りにしています。

また、吸っている本人だけでなく、周りにいる人たちもその煙から出る「副流煙」を吸うことになり、吸う人だけでなく、近くにいる人にも害を及ぼすとされ、現代のタバコ問題へと発展する要因にもなっています。そこでタバコ会社は次々と、新たな策を打ち出しています。

1つは「電子タバコ」です。

これは、リキッドと呼ばれる液体を加熱し、その蒸気を吸い込むもので、従来の紙巻きタバコのようにリスクを伴いません。なぜなら、このリキッドにはニコチンが含まれていないからです。現在、日本では、ニコチン入りのリキッドの販売が禁止されているのです。

そしてもう1つが「加熱式電子タバコ」です。アイコスはこれにあたります。

加熱式電子タバコは、タバコの葉を加熱して蒸気を発生させ、その蒸気を吸い込むもので、こちらにはニコチンが含まれています。従来のタバコの感覚を味わいたいという人たちに好まれているようです。また徐々に禁煙したい人にとっての移行策として、この加熱式電子タバコを使う人も増えてきています。

アイコスの使い方

加熱式電子タバコと言うものは、従来の紙巻きタバコのように、ライターで火をつけるのではなく、あらかじめ充電しておいた機器で、タバコを熱してその蒸気を吸います。燃やすわけではなく、加熱するというイメージでしょうか。

アイコスは、メインチャージャー(充電器)と本体ホルダーに分かれています。メインチャージャーは充電するもの、本体ホルダーはタバコを挿して加熱し、吸う際に使用するものです。メインチャージャーを充電する際には、本体ホルダーを入れたまでも充電も可能です。

使い方は、まずメインチャージャーから本体ホルダーを取り出し、本体ホルダーにヒートスティックというアイコス専用タバコを挿し込みます。そして本体ホルダーのボタンを5秒ほど押し、専用タバコを加熱します。15秒後に点滅していた緑のランプが点灯にかわると、吸うことができます。一度の加熱で6分ほど吸い続けることが可能です。

アイコスのメリットとは?

  • 有害物質を極力削減

従来の紙巻きタバコよりも、有害物質を90%削減することに成功しました。

  • 加熱するシステムなので、煙が出ない

煙が出ないという事は、副流煙も出ません。また、煙から出るあのタバコ独特の嫌なニオイも出ません。

  • 加熱システムなので、灰が出ない

専用タバコの部分が燃やされないため、灰も出ませんし、あの嫌な灰皿のヤニのニオイも出ません。専用タバコ部分はほぼそのままの形で残りますので、燃えるゴミとして普通に捨てられます。

アイコスのデメリットとは?

  • 専用タバコを加熱して吸う際は、約6分間吸うこと可能

しかし、2本目を続けて吸う場合は、再度本体ホルダーを充電しなくてはならないので、約3分待つことになります。ヘビースモーカー、チェーンスモーカーの人にはちょっと長い待ち時間となり、そこがデメリットかもしれません。

  • メインチャージャーと本体ホルダーが別々

立って吸う場合などにメインチャージャーを持ちながらだと少し不便のようです。

  • 有害物質が減ったタバコ、ニコチンは含む

有害物質が減っただけであって、多少は残っている。そしてニコチンは含まれていますので喫煙席で吸わなくてはなりません。紙巻きタバコをやめてアイコスに移行した人たちの中には、紙巻きタバコの
煙のニオイが急にダメになる人が多いようです。ですから、気持ち的には禁煙席に行きたいけれど、行けないのが辛いという方も多いみたいです。

アイコスの購入方法

アイコスは、その購入方法が3通りあります。

  1. アイコス公式ショップで買う。
  2. 取り扱っているコンビニエンスストア、スーパー、たばこ販売店で買う。
  3. インターネットの通販(Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングなど)で買う。

確実に在庫数が多いのは、アイコス公式ショップになりますが、とにかく朝早くから何十人も並んでいる場合があるようなので、確実にその日に手に入るとは限りません。場所によっては整理券を配っているところもあるとか。朝早く行けばかなり買える確率は高そうですが、ちょっとドキドキしそうです。

コンビニエンスストア、スーパー、たばこ販売店などは、これに比べて入荷数がかなり少ない所もあるようです。1店舗で1ヶ月に2台などというところもあるそうなので、かなり入手困難ですね。
ただ、田舎の方の、誰も行かないようなコンビニや販売店に、在庫がいっぱいあった!なんていう話も聞こえてきます。そういった穴場のお店を回ってみると、もしかしたら運よく見つけられるのかもしれません。

確実に手に入るのは、在庫数がわかるインターネットの通販でしょうか?これなら、あちこち動き回る必要もないですし、自宅に確実に送ってくれます。

ただし、値段が高いのが難点。いくら出しても入手したい!という人向きです。

コンビニで予約可能か?

なかなか手に入れることができないとなると、予約は受け付けてくれるのかな?という疑問点がわきますよね。そこでコンビニで予約を受け付けてくれるかどうかを調べてみました。

すると結論は以下の通りです。「予約は、そのお店によってさまざま」ということです。

予約自体は禁止されているわけではないようなので、その店舗が予約を受け付けてくれるかどうか?によるみたいですね。

ただし、店舗によっては1ヶ月に入荷する数が、「2セット」などという場所もあるので、そこへもうすでに2人予約していたら、次の入荷の時は一度見送ることになります。その後の入荷でやっと手に入るという状況。

それでも待てる人は予約してみるのもいいのかもしれませんね。

ちなみに、アイコスが買えるお店は以下の通りです。(地域によっては取り扱っていない場合もあるかもしれませんので、事前に確認した上で行くことをおすすめします)

  • セブンイレブン
  • ローソン / ナチュラルローソン
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • サークルK・サンクス
  • スリーエフ
  • デイリーヤマザキ/ニューヤマザキデイリーストア/ヤマザキデイリーストアー
  • セイコーマート
  • セーブオン
  • ポプラグループ
  • Odakyu MART
  • 阪急アズナス/エクスプレス
  • 南海アンスリー
  • 京阪アンスリー
  • ハートイン
  • 一部たばこ販売店
  • iQOSストア
  • エバグリーン

まとめ

大人気の加熱式電子タバコ・アイコスを手に入れるのは、結構大変そうですね。アイコスを手に入れたい人にとっては、在庫不足というのは悩ましい状況です。

一台手に入れても、普段から2台持ちするためにとか、故障した時の予備に、追加を購入したい人にとっても大変な状況です。。

そんな大人気のアイコス、これからもまだまだ話題を呼びそうです。希望する人たちに確実に手に入る日が、1日も早く来るといいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です