手巻きタバコのペーパー(巻紙)の代用品で喫煙は可能?不可能?

手巻きタバコを巻く時に使用する「ペーパー(巻紙)」というものは、専用のペーパー以外にも代用できるものがあるのではないのか?手巻きタバコのペーパーは消耗品であるため、消耗したら買いに行く必要がありますが、どこにでも売ってあるわけではないので、どうしても買いに行くのが面倒になってしまったりします。

そこで、何か家にあるもので手巻きタバコのペーパーの代用となるものはないのか!このようなことについて知りたい方がいらっしゃると思いますので、ご説明させていただきたいと思います。

また、手巻きタバコを巻く時に必要な道具、そして、手巻きタバコ専用のペーパーのサイズの種類などについても記載させていただきます。参考程度にご覧ください。

簡単に手巻きタバコを巻くときのおすすめローラーと種類について

2018.04.10

手巻きタバコをフィルター無しで巻く巻き方と巻き方の種類について

2018.04.10

手巻きタバコを巻くのに必要なもの

手巻きタバコを巻いて作るため、喫煙するために必要なものを4種類ご紹介していきます。最低限この必要なものさえ準備しておけば、手巻きタバコを作ることが出来ますし、手巻きタバコを喫煙することも可能です。

 必要なもの 

  • シャグ(タバコ葉)
  • ペーパー(巻紙)
  • 手巻きタバコ専用ローラー
  • フィルター

上記に記載している4つの必要なものを使用して手巻きタバコを作ることができます。4つのものをどのように使用するのか、また、どのようなものなのか!などについて記載していきたいと思います。

シャグ(タバコ葉)

手巻きタバコの味を決めるものは「シャグ(タバコ葉)」になります。手巻きタバコで最も重要なものです。手巻きタバコの葉というものは、「シャグ」と呼ばれていて、販売されている種類は数百種類とも言われています。

普通のタバコでも色々な味や香りがあると思いますが、紙巻きタバコでも様々な味や香りのシャグが販売されております。また普通のタバコと紙巻きタバコで違うところというものは、普通のタバコは決められた味や香りを楽しむものですが、紙巻きタバコは、自分の好きなようにタバコ葉をブレンドしてオリジナルのタバコが作れるということになります。紙巻きタバコで最も最大のメリットとも言える。

ペーパー(巻紙)

紙巻きタバコを作っていく上で欠かせないものの一つが「ペーパー(巻紙)」になります。シャグと同じようにペーパーにも様々な種類があり、サイズの違ったものや、素材の違うものなど販売されており、ペーパーにも味がついているものもあります。

また、無添加のオーガニックペーパー屋、燃焼時間が早いフリーバーニング・燃焼時間が遅いスローバーニングなどといったものも販売されております。色々なものを試して自分に合うペーパーを探し出しましょう。

手巻きタバコ専用ローラー

手巻きタバコを最も簡単に巻けるものとしまして、「手巻きタバコ専用ローラー」というものが挙げられます。手巻きタバコの専用ローラーというものは様々な種類があり、同じ機能を持つローラーでも、大きさが異なってきたり、デザインが異なる商品が非常に多く販売されております。

手巻きタバコの巻き方により、使用するローラーも変わってきます。下記の方で紹介している手巻きタバコの巻き方の種類を確認して、自分がどの巻き方を行うのか!というものを決定した後に購入することをおすすめします。

もちろんローラーを使わずに手巻きタバコを作ることもできます。

フィルター

普通のタバコにもあるフィルターは、手巻きタバコでも使用されます。フィルターにも様々な種類があり、フィルターのサイズを変えることにより、手巻きタバコの太さを変更することができます。

スリムフィルターを使用して手巻きタバコを作ると、少しのシャグで何本も手巻きタバコを作ることができます。その反対に大きめのフィルターを使用して手巻きタバコを作りますと、シャグがいつもより多く必要になってきます。

フィルターを使用せずに手巻きタバコを楽しむことも可能です。フィルターを使用せずに手巻きタバコを作った時は、シャグの味わいや香りを直接感じることができます。

手巻きタバコのペーパー(巻紙)のサイズについて

ペーパーの種類は5種類販売されており、それぞれサイズが異なるものになっております。一つ一つサイズなどを記載し見ていきましょう。

レギュラーサイズ

※画像タップで詳細ページ

最もポピュラーなサイズで、種類も豊富なペーパーです。

サイズ 長さ69mm×幅36mm

11/4サイズ

※画像タップで詳細ページ

レギュラーサイズと比較して25%面積が広いペーパーになります。

サイズ 長さ76mm×幅44mm

キングサイズ

※画像タップで詳細ページ

シガレットのロングサイズ相当の長さで巻けるペーパーになります。

サイズ 長さ98mm×幅53mm

スリムキングサイズ

※画像タップで詳細ページ

巻紙の中で最も長いサイズのペーパーになります。

サイズ 長さ109mm×幅44mm

カットコーナー

※画像タップで詳細ページ

レギュラーサイズで底辺で角が切り取られているもの。巻器のローラーに挿入しやすいペーパーになっております。

手巻きタバコのペーパーの代用品について

手巻きタバコ専用のペーパーではなく、家にある物を使って代用できるかどうか調べた結果を記載していきます。その中で代用に関することであげられた物をいくつかご紹介していきたいと思います。

 ペーパーの代用に挙げられた物 

  • コピー用紙
  • 辞書

この2つのものが多く取り上げられておりました。実際にこの2つのものを使用して、手巻きタバコのペーパーの代用となるのかどうかをご説明させていただきます。

コピー用紙で代用できるのか?

手巻きタバコのペーパーがない時に、コピー用紙を使用するということが書かれておりましたが、本当にコピー用紙を使用して手巻きタバコのペーパーの代用ができるのでしょうか?

結論から先に言いますと、「コピー用紙では不可能」ということになります。

そもそも手巻きタバコのペーパーというものは、味や風味の邪魔にならないように薄く作られているものなのです。コピー用紙のような紙を使用すると、紙自体が厚いものになっておりますので、コピー用紙で手巻きタバコを作った際、コピー用紙だけが早くもえてしまう可能性もありますし、煙の量が多くなり、匂いも臭くなると思われます。

必ずコピー用紙を使用せずに、手巻きタバコ専用のペーパーを使用して喫煙するようにしましょう。

手巻きタバコのペーパーでおすすめの商品を種類・サイズ別に紹介

2018.04.11

辞書や辞典で代用できるのか?

手巻きタバコのペーパーがないとき、辞書や辞典の紙を使用することを皆さんはおすすめされておりますが、本当に辞書や辞典の紙を使用してペーパーの代用ができるのでしょうか?

確かに辞書や辞典の紙というものは薄い紙で出来ておりますが、体への安全を考えて作られているものではありませんので、燃焼されたガスが体内に入ることが考慮されて製造されていませんので、辞書や辞典の薄い紙を使用することにより、体への有害度が高くなるということを頭に入れておきましょう。

また、辞書や辞典の紙は、食用ではないインクが使用されておりますし、塩素漂白もされていて残留塩素がある可能性も考えられますので、シャグ本来の味と香りは大きく損なわれる可能性が十分に考えられます。

辞書や辞典の紙を使用して代用することは可能ではありますが、決して体に良くないことをしっかりと覚えておいてください。手巻きタバコを作るときは、必ず手巻きタバコ専用のペーパーを使用して作るようにしましょう。

手巻きタバコのペーパーでおすすめの商品を種類・サイズ別に紹介

2018.04.11

まとめ

手巻きタバコを作るときに使用するペーパー(巻紙)の代用品について記載させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?また、手巻きタバコを作るときに使用する道具、そして、専用のペーパーのサイズの種類などについても記載させていただいております。

上記でも記載させていただいているように、代用品ではなく、必ず専用のペーパーを使用して手巻きタバコを作るようにしましょう。

上記で記載していることが皆様のお役に立てていれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

アイコスが赤点滅 赤点灯した時の直し方と正しいリセット方法

2018.03.14

新型アイコスの購入方法や値段と購入場所・取扱店舗の詳細

2018.03.13

新型アイコスの掃除方法(クリーニング)の手順やコツ・掃除キットについて

2018.03.12

新型アイコスの使い方とボタンの解説・充電方法や新旧の違いについて

2018.03.11

アイコス本体とヒートスティック人気の味の種類やニコチンの量について

2018.03.10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です