全3種類の手巻きタバコのジャンゴ銘柄一覧(画像付き)値段と特徴を記載

手巻きタバコの銘柄の一つでもある「ジャンゴ」 という銘柄は、アムステルダマーのシリーズと同じ時期に発売開始となったものになります。

ジャンゴの銘柄で発売されている種類は、全部で3種類のものがあります。その3種類のタバコ葉をひとつずつ紹介しております。その中の特徴に記載している、味わいについての感想というものは、個人的な意見となっておりますので参考程度に確認していただければと思います。

それでは、ジャンゴの銘柄の全3種類のものをご覧ください。

全3種類の手巻きタバコのブラックデビル銘柄一覧(画像付き)値段と特徴を記載

2018.04.14

全5種類の手巻きタバコのフランドリア銘柄一覧(画像付き)値段と特徴記載

2018.04.14

ジャンゴの手巻きタバコ銘柄一覧 3種類

下記で3種類のジャンゴの銘柄である手巻きタバコを紹介しておりますが、どのような項目で紹介しているのか先に確認しておきましょう。

  • 商品名
  • 入数/1箱
  • 値段/1箱
  • タバコの特徴

ジャンゴの銘柄それぞれの画像とともに、上記の項目について解説しておりますので、参考程度にご確認いただければと思います。

ジャンゴ・100%タバック

画像引用元:http://www.tabako-sakuranbo.co.jp/top.php

入数/1個  25g
価格/1個  600円

ジャンゴ・100%タバックの特徴

ジャンゴ・100%タバックのタバコ葉の色は明るめのブラウンになっており、刻み幅は非常に細い感じになっています。香りはタバコ本来の素朴な香りを感じることができました。また、開封時で加湿されている状態ですので、そのまま巻いて愉しことも可能。

吸った感じは、全体的にはコクが印象に残るビター系になっていて、大人のブラックココアのような感じを思わせる喫味って感じでした。後味もすっきりしてるので吸いやすい。少し軽めという印象もあります。

ジャンゴ・アロマティック

画像引用元:http://www.tabako-sakuranbo.co.jp/top.php

入数/1個  25g
価格/1個  600円

ジャンゴ・アロマティックの特徴

ジャンゴ・アロマティックのタバコ葉には、バージニア・バーレー・オリエント・ケンタッキー葉の4種をブレンドされています。明るめ、暗めの葉が混在していました。タバコ葉の刻み幅は細めになっており、長さも丁度良くて巻きやすい形のように思えます。ただ少し、乾き気味に感じましたので、加湿して巻くようにしましょう。

吸った感じは、ミックスフルーツの味わいを感じました。後味は非常にスッキリしていて、しつこくない印象です。全体に控えめな主張の中にトロピカルのような味わいを感じました。

ジャンゴ・ブロンド

画像引用元:http://www.tabako-sakuranbo.co.jp/top.php

入数/1個  25g
価格/1個  600円

ジャンゴ・ブロンドの特徴

ジャンゴ・ブロンドのタバコ葉の色は、明るめのブラウンで、刻み幅はとても細いものになっています。また、開封時に確認すると、ある程度加湿されておりましたので、そのまま愉しむことも可能になります。

吸った感じは、タバコ本来の甘さとビターテイストに加えて、フルーティな香りがバランスよく混ざった吸いやすい喫味になっておりました。後味もすっきりしています。吸いごたえは軽めになっていて、雑味はそれほど気になりませんでした。短時間に何度も吸いたくなるほど吸いやすかった。

手巻きタバコのおすすめローラーの紹介

手巻きタバコを作るのに必要なローラーは4種類のものがあります。お勧めできるローラー商品を紹介させていただきます。

おすすめのレギュラーサイズローラー

レギュラーサイズのローラーでおすすめできるローラーの紹介をしていきたいと思います。手巻きタバコを作っているユーザーの方々からの評価が高いものなどを紹介させていただいております。

ZIG-ZAG(ジグザグ)

商品サイズ 幅78mm× 高さ25mm
値段 540円
対応巻紙 69mm~70mm

ZIG-ZAG(ジグザグ) 純正のとても使いやすいローラーとなっております。側面が強化プラスチックの透明となっておりますので、どのようにタバコが巻かれているのか状況を把握することができる。

GIZEH(ギゼ)

商品サイズ 8.5×2.5×2.5cm
値段 1.862円
対応巻紙 69mm~70mm

サイドについているレバーの位置を切り替えることにより、タバコの細さを調節することはできる便利なローラーになっております。

おすすめのスリムサイズローラー

スリムサイズローラーでおすすめできるローラーの紹介をしていきたいと思います。手巻きタバコを作っているユーザーの方々からの評価が高いものなどを紹介させていただいております。

ZIG-ZAG(ジグザグ)

商品サイズ 幅117mm× 高さ27mm
値段 729円
対応巻紙 96mm~109mm

ZIG-ZAG(ジグザグ) 純正のとても使いやすいローラーとなっております。側面が強化プラスチックの透明となっておりますので、どのようにタバコが巻かれているのか状況を把握することができる。96mm~109mmまでのキングサイズ、スリムサイズの巻紙に対応しています。

おすすめのローリングマシーン

ローリングマシーンでおすすめできるマシーンの紹介をしていきたいと思います。手巻きタバコを作っているユーザーの方々からの評価が高いものなどを紹介させていただいております。

Smoking(スモーキング)

商品サイズ 9.2×8.5×2.1cm
値段 1.728円
対応巻紙 69mm~70mm

簡単操作ですぐに手巻きタバコを作ることができる。シャグの量が少なすぎるとうまく巻けないので、手巻きタバコを1本作るときはシャグの量を1g ということにして1本の目安にしていただけると簡単に作れる。

ローリングマシーン

商品サイズ 9.1×8.3×2.2cm
値段 1.080円
対応巻紙 69mm~70mm

69mm~70mmの巻紙用となっております。蓋を開けて布のくぼみをつけたところに、タバコ葉(シャグ)とペーパー(巻紙)をセットし、蓋を閉じるだけで手巻きタバコが完成する簡単なローラーになっております。

まとめ

全3種類の手巻きタバコのジャンゴ銘柄一覧というものを画像とともに紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?それぞれしっかりとした味わいを持つタバコ葉になっており、好む形は非常に多い。

気になるものがありましたら、一度試してみる価値は十分にあると思われます。

上記で記載していることが皆様のお役に立てていれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

アイコスが赤点滅 赤点灯した時の直し方と正しいリセット方法

2018.03.14

新型アイコスの購入方法や値段と購入場所・取扱店舗の詳細

2018.03.13

新型アイコスの掃除方法(クリーニング)の手順やコツ・掃除キットについて

2018.03.12

新型アイコスの使い方とボタンの解説・充電方法や新旧の違いについて

2018.03.11

アイコス本体とヒートスティック人気の味の種類やニコチンの量について

2018.03.10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です