実は知らなかったアイコスの依存性は高い!?含まれる成分を徹底調査!

有害物質を90%カットされているということで大人気になっている「加熱式電子タバコアイコス」ですが、依存性などに関する情報はどのようになっているのか。

普通のタバコのように依存性が非常に高いものになっているのか、それとは反対に依存性は低いものとなっているのか。このようなことについて、アイコスのヒートスティックに含まれる成分とともに紹介していきたいと思います。

アイコス本体とヒートスティック人気の味の種類やニコチンの量について

2018.03.10

電子タバコアイコスには害はあるのか?比較結果

2017.03.26

アイコスに含まれる有害物質について

アイコスのヒートスティックに含まれている成分については、以下のようなものになっております。

【アイコスの有害物質】

  • ニコチン
  • グリセリン
  • 水分
  • 一酸化炭素

アイコスの水蒸気の成分は、ニコチンとグリセリンと水分になっております。一酸化炭素などの有害物質は、普通のタバコに比べますと、非常に少なくなっているようです。

では、アイコスに含まれる成分一つ一つを詳しく見ていきましょう。

アイコスの成分:ニコチン

ニコチンは血管が収縮する影響がありますので心臓や血管に負担をかける要素になります。普通のタバコで「喫煙している期間が長ければ長いほどやめられない」と言った方が非常に多く見受けられると思います。そのような方々はニコチンの影響によって止められないようになっているということが言えます。

ニコチンに関しては、依存性の強い物質になっておりますので、ニコチンの量が多い普通のタバコですと依存する方が非常に多くなる。それに比べてアイコスの場合は、ニコチンの量が全くわからない状態になっておりますが、今回アイコスのニコチンの量について調べることができました。

アイコスのニコチンの量について

アイコス専用のヒートスティックというものは全部で6種類のものが販売されております。この6種類のヒートスティックのニコチンの量を調べたところ、このような結果となっておりました。

【アイコスのニコチンの量】

  • レギュラー/メンソール:約1.0㎎
  • バランスドレギュラー/ミント:約0.5㎎
  • スムースレギュラー/パープルメンソール:約0.5~1.0㎎

アイコス本体とヒートスティック人気の味の種類やニコチンの量について

2018.03.10

このような感じでアイコスのヒートスティックにもニコチンが含まれていることが明らかとなっております。アイコスは有害物質を90%カットされているとなっておりますが、あくまでも100%ではないため、ニコチンがこのように含まれており、アイコス自体、依存性は少なくともあるということが言えます。

普通のタバコのようにニコチンの量が多いわけではありませんので、普通のタバコとアイコスを比べると依存性は低くなります。

アイコスの成分:グリセリン

既存添加物となっており、日常的にグリセリンを摂取しているものとなっています。 グリセリンと呼ばれるものは、別名「グリセロース」とも呼ばれるアルコールの一種となっており、食品や化粧品、医薬品などにも幅広く使用されている成分になります。

食用のグリセリンの用途としては、水分を保つためや、柔らかさを加えるために、甘味料 として甘さを加えるためといわれております。

また、グリセリンは多くの化粧品にも使われており、その中でも化粧水に多く配合されていることが多いようです。

このような結果をご覧いただければ、グリセリン自体は有害ではないということがわかります。 ですが、化粧品や食品添加物とは異なり、アイコスの場合は、グリセリンをミスト状にして吸収するということになりますので、100%有害物質ではないということは言えないのが現状になっております。

アイコスの成分:一酸化炭素

一酸化炭素やタールはタバコの葉に火をつけることによって発生します。それに比べてアイコスはタバコの葉に火をつけずに、機械によって加熱するものですので、燃やすのではなく蒸す方法になっておりますので、蒸すことによって発生した水蒸気を吸うものです。

ということはアイコスは燃やさずに蒸すので有害物質の発生を抑えていることになります。これにより普通のタバコに比べてアイコスの方は健康や環境にもやさしいと言えます。

では、アイコスには一酸化炭素という物質は含まれないということなのか?

禁煙外来にて一酸化炭素濃度を測定した結果がこのような結果となっております。

【禁煙外来の一酸化炭素濃度測定】
1日40本のアイコスを吸ったにもかかわらず、体内から検出された一酸化炭素濃度は、「 普通のタバコ5本分」という結果になっているそうです。

この結果、燃やすのではなく蒸すことによって、一酸化炭素の有害物質を抑えることができているという結果になります。

アイコスとタバコの比較

アイコスとタバコではどのように変わってくるのか、比較していきますので確認していただければ、結果は見えてくるのではないかと思います。

煙についての比較

【アイコスの場合】

  • 煙たくならない
  • 目が痛くならない
  • 独特な匂い
  • 匂いがすぐ消える
【タバコの場合】

  • 目にしみる
  • 煙たい
  • むせる
  • ヤニの匂いがすごい
  • 衣服や髪の毛に匂いがつく
  • 匂いが残る

上記のように確かに紙タバコの場合は煙が目に入ったりするとすごいしみることがあります。ですがアイコスの場合目に入ってもしみない、そして煙たくないというところが分かります。

これはどうしてそういうことになっているのか、煙・水蒸気のことについて比較していきたいと思います。

タバコの煙・アイコスの水蒸気の違い

【アイコスの場合】

  • 灰が出ない
  • 燃えていない
【タバコの場合】

  • 灰が出る
  • 燃えている

これは火を使用しているかしていないかが大きなポイントとなっている。

アイコスは燃やしているわけではなく、加熱して水蒸気を出しているということになります。なので、アイコスは加熱式電子タバコといわれております。

互いに含まれる成分の比較

【アイコスの場合】

  • ニコチン
  • グリセリン
  • 水分
  • 一酸化炭素 
【タバコの場合】

  • ニコチン
  • 一酸化炭素
  • タール

タバコとアイコスに含まれる成分は、それほど変わりがないことがわかります。

ですが、アイコスの水蒸気の主成分は、ニコチンとグリセリンと水分となっております。一酸化炭素などの有害物質は、普通のタバコに比べると非常に少ない量になっております。

このようにアイコスと普通のタバコを比較して行きましたが、いかがでしたでしょうか?

結論から言いますと、「アイコスは90%以上を有害物質をカットされているが、10%は有害物質を含んでいる。」なので、アイコスの依存性という部分で見てみますと、アイコスにもニコチンが含まれているということですので、依存性はタバコよりも少ないが、多少の依存性はあるということが言える。

上記の方で、記載しているアイコスに含まれるニコチンの量というものは、とある番組で検証された結果となっております。

まとめ

今回アイコスに含まれる成分で、依存性は高くなるのかなどについて記載させていただきました。アイコスに含まれる成分をひとつひとつ見ていき、明らかとなっていないニコチンの量などについても記載させていただいております。

結果的にニコチンは含まれており、一酸化炭素という物質は、アイコス40本を喫煙すると、タバコ5本分の一酸化炭素の量が検出されたという結果になっております。このような結果を見ると、確かに有害物質は90%ほどカットされておりますが、有害物質が全くないということではありませんので、それなりに依存性もあるという結果になります。

上記で記載させていただいている内容のものが皆様のお役に立てていれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

アイコスが赤点滅 赤点灯した時の直し方と正しいリセット方法

2018.03.14

新型アイコスの購入方法や値段と購入場所・取扱店舗の詳細

2018.03.13

新型アイコスの掃除方法(クリーニング)の手順やコツ・掃除キットについて

2018.03.12

新型アイコスの使い方とボタンの解説・充電方法や新旧の違いについて

2018.03.11

アイコス本体とヒートスティック人気の味の種類やニコチンの量について

2018.03.10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です