アイコスの加熱ブレードが折れた場合の修理・交換方法の手順

アイコスのクリーニングを行っていたら、最も重要な部分である「加熱ブレード」が折れてしまったという方もいるのではないでしょうか?旧型のアイコスの加熱ブレードというものは、非常に折れやすいブレードになっておりますので、旧型のアイコスを使用している方は、クリーニングするとき加熱ブレードに負担をかけずにクリーニングを行うことが必要です。

もしもアイコスの加熱ブレードが折れた場合の修理や交換方法などについてご説明させていただきたいと思います。

新型のアイコスの加熱ブレードは旧型のアイコスと比べて強化されておりますので、なかなか折れたりすることはないと思いますが、もし折れてしまった場合は旧型アイコスと同じ手順で行えば修理・交換が可能です。

それでは、アイコスの加熱ブレードに関する情報をご覧ください。

≫≫最新情報提供中≪≪
プレゼント企画実施予定

友だち追加

アイコスをうまく吸えない方の為の正しい吸い方のコツと肺に入れる方法

2018.04.20

新型アイコス故障ランプの点滅・点灯パターンと保証期間について

2018.03.09

アイコスの加熱ブレードとは

アイコスの加熱ブレードと呼ばれる部分は、上記の画像の場所になっております。この加熱ブレードはアイコスの最も重要な場所であり、アイコス専用のヒートスティックを挿して、加熱を行う部分になります。

この加熱ブレードが折れてしまったり、破損してしまうと、アイコス自体が使用できなくなりますので、ヒートスティックをさした時、ねじったり回したりするのは禁物ですし、クリーニングを行うとき、力を入れてクリーニングを行うのも禁物です。

アイコスの加熱ブレードが折れる原因について

アイコスの加熱ブレードが折れた、破損したという方々は非常に多くいらっしゃると思われます。そのような方々がどのようにして加熱ブレードを破損させてしまったのか、いくつか原因が挙げられますので紹介していきたいと思います。

【破損の原因】

  • クリーニング中に加熱ブレードを破損
  • ヒートスティックが刺さらなくて、力を入れたら折れた
  • アイコスホルダーを落として、ブレードが破損した

このようなことが原因で、アイコスの加熱ブレードが破損しているようです。

加熱ブレードが破損した方々の多くが、クリーニング中の力の入れ具合によって加熱ブレードを破損させてしまう方が非常に多い。中には、いつも通りに加熱ブレードの周りを掃除していた時に、ポロっと加熱ブレードが折れてしまったという方もいらっしゃいます。

加熱ブレードが折れないように気をつけるには

アイコスの加熱ブレードが折れないように気をつけるには、どのようなことに気をつけてアイコスを使用していけばいいのか、いくつかご紹介させていただきたいと思います。

破損しないように気をつける点

・ヒートスティックを無理やり挿し込まない。
・加熱ブレードの周りをクリーニングする時は、軽い力で行う
・加熱ブレードの温度が高い時にクリーニングを行わない
・こまめに加熱ブレードの周りを掃除するように心がける

主にこのようなことに気をつけて使用しておくと、アイコスの加熱ブレードが簡単に折れるということはないと思われます。

加熱ブレードが折れた時の修理と交換について

加熱ブレードが折れてしまった時、アイコスの保証期間内であれば、新しいアイコスに交換することができますが、保証期間外でしたら、アイコスの交換を行うことはできません。

また、アイコスを購入した時に製品登録を行っている方でしたら、スムーズにアイコスの交換を済ませることができる。

アイコスの加熱ブレードが折れた時の、交換・修理を依頼するためにアイコスカスタマーセンターへのご連絡が必要になりますので、下記の電話番号にご連絡していただければと思います。

【カスタマーセンターの連絡先】

  • 電話番号:0120190517
  • 営業時間:8:00~22:00

カスタマーセンターに電話をかけた時の手順について

カスタマーセンターにご連絡するとき、メールで問い合わせるのではなく、必ず電話で問い合わせるようにしてください。アイコスカスタマーセンターへの電話をかけてからの手順について簡単にご説明させていただきます。

手順1:カスタマーセンターに電話をする

上記に記載している電話番号がアイコスのカスタマーセンターに繋がる電話番号となっておりますので、「0120-190-517」に電話をかけてください。

手順2:ガイダンスの説明に沿って番号を押す

アイコスカスタマーセンターに連絡しますと、最初はガイダンスになっており、どのような内容のことで電話をしているのか選択するような流れとなっておりますので、今回の問い合わせは「加熱ブレードの破損」ということですので、それに合う番号を押していきます。

手順3:自分の生年月日を入力

ガイダンスが生年月日を入力してくださいと言いますので、自分の生年月日を8桁で入力をしましょう。

例:1990年2月17日が生年月日でしたら、「19900217」という8桁になります。

手順4:ガイダンスから担当者に繋がる

ガイダンスからアイコスカスタマーセンターの担当者に電話が変わりますので、担当者の方の質問にしっかりと答えて、アイコスの公式サイトの登録情報などを担当者の方にお伝えして、どのような件で今回問い合わせをしているのか、しっかりと内容を担当者の方にお伝えしてください。

このような流れでアイコスカスタマーセンターにご連絡をすることで、加熱ブレードが折れてしまった時の修理・交換を行うことができます。この方法が一番正確でスムーズに行える交換方法となります。

カスタマーセンターにご連絡する以外の方法では、アイコスのオンラインショップまで足を運んで相談するか、アイコスの故障診断というものを行って交換していただくかになります。

アイコスの故障診断について簡単にご説明させていただきます。

アイコスのホームページでの故障診断について

アイコスの公式ホームページでは、オンラインデバイス診断(故障診断)をすることができます。

アイコスカスタマーセンターへの電話がなかなか繋がらないとか、電話があまり得意ではないという方々には、非常に助かる機能となっております。

アイコスオンラインデバイス診断とは

オンラインデバイス診断とは、登録しているデバイスのオンライン診断が行える。お客様のデバイス状態をメニューに従って選択していき、不具合の可能性がある場合、診断結果はアイコスカスタマーセンターへメールにて連絡が入るようになっており、24時間以内にご連絡が届く仕組みとなっております。

アイコスホームページの故障診断方法について

アイコスの故障診断方法は非常に簡単となっております。

まず、故障診断方法をする前に、最低限やっておかないといけないことが2つあります。

 故障診断前に行うこと

・アイコスホームページで会員登録を行う。
・アイコスの製品登録を行う。

それでは、アイコスの故障診断について、ご説明させていただきます。

 【故障診断の手順】

  1. アイコス公式ホームページにログインする。
  2. 右上にある‘‘「My Account」‘‘をクリック。
  3. ‘‘「あなたの iQOS をすべて見る」‘‘をクリック。
  4. 登録デバイスが表示。‘‘「故障かなと思ったら」‘‘をクリック。

アイコスのホルダーを診断する場合

 【選択肢】

  • 使用中または使用後にヒートスティックが燃焼
  • ヒートスティックをホルダーに差し込む事ができない
  • ホルダーの一回の使用時間が6分以下
  • ホルダーのキャップに損傷
  • 加熱ブレードに損傷
  • ホルダーの加熱ボタンに損傷
  • ホルダーのバッテリー接触面に損傷
  • 本体に損傷
  • ポケットチャージャーにホルダーが逆さまに差し込まれている
  • 専用ACパワーアダプターに損傷
  • 専用USBケーブルに損傷
  • アイコス専用クリーニングツールに損傷

アイコスのホルダーを診断する場合、上記のような項目が設定されてあります。

この設定されている項目の中に、当てはまる症状のものがなければ、右下にある‘‘「上記に該当しない」‘‘をクリックしてください。

上記のアイコスの故障に関する項目から、当てはまる症状を選択し、クリックすると、故障や不具合に応じた質問等がいくつかされますので、当てはまる症状をクリックし、進んでいきましょう。

故障や不具合に応じた質問を答えていきますと、‘‘「あなたのアイコスには不具合があるようです。」‘‘というページが開き、‘‘「送信」‘‘をクリックしますと、アイコスカスタマーサポートに故障の通知を送ることができます。

故障診断で英文エラーが表示された場合

アイコスが故障した際に、アイコスの交換をスムーズに行うことができる‘‘「故障診断」‘‘ですが、人によっては、故障診断を行うときに‘‘「英文エラー」‘‘が表示されるようです。

 エラーの英文
『something went wrong with the replacement order creation.』 

英文エラーが表示された時には、アイコスの公式サイト内にある「お問い合わせ」というところから、問い合わせを行います。

  • フォームでのお問い合わせ
  • チャットでのお問い合わせ

どちらかの問い合わせ方法を選択し、‘‘「お問い合わせの種類」‘‘‘‘「ログインできない、アプリの挙動がおかしい」‘‘というものを選択してください。

その後、お問い合わせ内容に、故障診断をすると英文エラーが表示されるという内容を記載することにより、後日、アイコスカスタマーサポートより交換処理の連絡が届きます。

このような手順により、もし故障診断を行うとき、英文が出てきてエラーが表示された場合、手順通りに行うことにより、交換申請ができるようになります。

まとめ

アイコスの加熱ブレードが折れた場合の修理・交換を行うときの手順などについて紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

アイコスは精密機械となっておりますので、加熱ブレード以外でもいつどのような不具合が起きてもおかしくないものですので、アイコスのホームページにある製品登録というものをしっかりと行っておけば、スムーズに修理や交換をすることができますので、製品登録というものを登録しておきましょう。

上記に記載させていただいという内容が皆様のお役に立てていれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

≫≫最新情報提供中≪≪
プレゼント企画実施予定

友だち追加

アイコスが赤点滅 赤点灯した時の直し方と正しいリセット方法

2018.03.14

新型アイコスの購入方法や値段と購入場所・取扱店舗の詳細

2018.03.13

新型アイコスの掃除方法(クリーニング)の手順やコツ・掃除キットについて

2018.03.12

新型アイコスの使い方とボタンの解説・充電方法や新旧の違いについて

2018.03.11

アイコス本体とヒートスティック人気の味の種類やニコチンの量について

2018.03.10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です