プルームテックの購入は福岡限定!?

プルームテックが発売されて少し経ちましたが、今現在も入手困難な状態が続いています。

プルームテックとは、JT(日本たばこ産業(株))が開発・販売を開始した、タバコベイパー。今までのタバコとは違い、全く新しいタイプの次世代タバコ、新型タバコと言われているものです。

その日本製プルームテックについて、これからいろいろとご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

次世代タバコブーム

今までの普通のタバコは、タバコの葉を燃やすことにより煙が出て、その煙を吸うという仕組みでしたが、煙の中にはたくさんの身体に有害な物質が含まれています。

その有害物質は、肺がんなどの重大な疾病を引き起こすことでも知られ、近年、タバコの煙が人に与える悪影響について深刻な問題となっています。

また問題なのは、吸っている本人だけに影響があるだけではないという点。

それは、タバコを吸っている人の周りにいる、家族、職場の同僚、同じ店内にいる人、通りすがりの人など・・・タバコから排出される煙を吸い込むことにより、他人にまで悪影響を与えてしまうという点です。

「副流煙」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、その副流煙がもたらす害が、最も深刻だとさえ言われています。

そこから現代の禁煙・嫌煙傾向が高まり、今タバコを吸う人たちは、肩身の狭い思いをしながら、タバコを吸い続けています。

喫煙コーナーをさまよい、まるでタバコジプシーのような日常を強いられています。

そこでタバコ会社は新しいタバコの開発に乗り出しました。日本製の次世代タバコ、新型タバコとしてJTが投入したのがプルームテックという製品になります。プルームテックは国産の新型タバコです。

似た種類では、他にフィリップモリス社が発売したアイコスや、BAT社が発売したグローなどがあります。

これらの新型次世代タバコは、吸い方も今までのタバコとは全く異なるものですが、従来のタバコから出ていた有害物質を約90%削減することに成功したということが、特徴となっています。

そのため、周りの人への副流煙の問題や、ニオイやヤニ、煙などの問題を、極限まで軽減し、これからの時代にふさわしい形のタバコとなっているのです。

今、この3社の新しい形のタバコは、品薄状態が続き、手に入らない状況となっています。需要に対して供給が追い付いていないという現状なのです。それだけ、人々の健康意識が高まってきているということなのしょう!

次世代タバコブームの火付け役

それまでも、電子タバコというものは発売されていました。禁煙についての意識が進み、あちこちの喫煙所が撤去され、会社でも、レストランでも、タバコを吸うことが難しくなる前から、禁煙に向けての対策がとられていました。

いわゆる電子タバコというものが、禁煙に一役買うかのように発売されましたが、その売れ行きはそれほど伸びませんでした。

なぜかというと、日本で販売できる電子タバコは、ニコチンを入れてはいけないことに決まっているからです。

今まで普通のタバコを吸い、ニコチン依存症に陥っていた人が、いきなりニコチンなしの電子タバコに切り替えても、離脱症状が出て苦しくなり、結局前のタバコに戻ってしまい、以前よりも多く吸うようになってしまった!などという話はあちこちでよく聞きます。

これが禁煙失敗の典型的なもの!

そのようなことから、電子タバコでは禁煙は出来ないというイメージが定着化していました。

しかし、2015年に発売されたアイコス、2016年に発売されたプルームテックとグローは、電子タバコとは種類が違い、ニコチン入りの電子タバコとなっています。

普通の電子タバコが、リキッドと呼ばれるフレーバーの入った液体を加熱し、その蒸気を吸うのに対し、アイコス、プルームテック、グローは、タバコの葉を使ってそれぞれの会社で開発した独自の道具を使い、それぞれの方法でタバコの葉に熱を加え、その蒸気を吸い込むという仕組みなのです。

その水蒸気にはタバコ葉のニコチン成分が含まれるため、従来のタバコを吸っていた人でも、さりげなく移行していけるようになっているので、こちらは禁煙したい人にとって徐々にニコチンの量を軽減できるとあって、ヒットに繋がっているという状況なのでしょう!

日本製次世代タバコのプルームテック

アイコスとグローは、形は違いますが、ほぼその中の仕組みは一緒で、タバコの葉を電気の力で加熱し、その蒸気を吸い込むという形です。

しかし日本製のプルームテックは少し仕組みが違い、カートリッジでリキッドを霧状にし、その蒸気を専用タバコカプセルというものに通して、タバコの葉の成分を含んだ蒸気にしてから吸い込むというものです。

アイコスとグローは直接タバコの葉を加熱するのに対し、プルームテックは直接タバコの葉を加熱しないということなのです。そこがプルームテックだけが少し違う点になります。

プルームテックはきちんと国から認可が下りており、また国産品ということで、その安心感と安全性に注目が集まり、人気のヒット商品となっているものと思われます。

スポンサードリンク

実店舗では福岡でしか買えない?

プルームテックは、発売当初、地域限定販売としてスタートしました。福岡市の決められた店舗のみで販売開始。

それ以外は、プルームテックのホームページからのオンラインショップのみでの取扱いとしました。

しかし、このプルームテックについてを、テレビでタレントさんが話して以降、その噂は瞬く間に広がり、どこも品切れ状態。

手に入れたくても手に入れられない状況が、今なお続いています。

福岡の指定コンビニやタバコ販売店に行けば、運よく買えることもあるかもしれませんが、予約がもう既に入っている、入荷数が少ないなどの理由から、結局買えない人がほとんどのようです。

オンラインショップの方も、品切れ状態。以前受け付けていた「予約」さえも、今は受け付けていません。この状態はいつまで続くのか、やきもきしている人が大勢いるようですね。

福岡限定発売にした意味

なぜ福岡地域だけの限定販売になったのでしょうか?

やはりマーケティング上の意味から、企業側は地域限定スタートとしてテスト販売という形を試したかったのだと思います。

反応を見て、その後の生産ラインの規模を算出したかったのでは?と言われています。そもそも、それまでは電子タバコというものは、売れ行きはイマイチの状態でした。

ですからプルームテックを発売して、これほどまでに大ブレイクするとは企業側も予測していなかったのでは?と考えられます。

また今までのタバコのように、吸ったら捨てる!というタイプの形ではありません。その本体は、どちらかと言えば電子機器のようなもの。

いきなり全国展開で販売して、決定的な不具合でも出れば、相当量の修理依頼、商品交換など、最悪の状態になることが予想されます。

それらの混乱を避けるために、まずはスタートを地域限定にしたものと思われます。

今後は全国展開の予定?

売れない商品を大量生産することはあり得ませんが、これほどまでにブレイクしたのに、企業側が知らないふりを決め込むことはないでしょう。

今まさに、生産ラインの拡大、在庫補充等についての対策を練っている段階だと思われます。

2017年になったら、全国展開もあり得るのでは?との噂が出ていますが、近いうちに全国販売が開始されるのは間違いありません。

ただし、その時期がいつになるのかは、まだ発表がありませんので、待っているしかないですね。

いち早く情報をキャッチしたい方は、プルームテックのホームページの会員登録を済ませておくことをお勧めします。

スポンサードリンク

まとめ

プルームテックについて、ご紹介してきましたが、今の所、福岡地域のみの限定販売となります。

また、福岡以外の方の入手方法は、オンラインショップということになります。在庫切れが解消されなければ、購入は難しいですが、どうしてもという方はネットショップで手に入れることも可能です。

ただし、その場合、定価よりは高額になっていますし、保証等の問題がどうなるのかはわかりませんので、待てるという方は、正規商品が発売されるまで、少し我慢してみてはいかがでしょうか?

何と言っても国産品、日本で作る日本のたばこなのですから、必ず皆様に行き渡る日が来るのは確実だと思いますので、どうぞその日を楽しみにしていて下さいね!

プルームテックのカプセル購入方法!コンビニで購入?

2017.04.13

プルームテックの購入は東京や大阪でも可能?

2017.04.13

プルームテックの購入は東京や大阪でも可能?

2017.04.13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です