JT電子タバコのプルームテックと害の関係性

今の世の中は禁煙社会です。一昔前は、タクシーの中でも、喫茶店でも、レストランでも、会社でも、学校の職員室でも・・・どこでもあたり前のようにタバコの煙をぷかぷかさせて吸っていました。

テレビや映画では、タバコを持って演技するのは当たり前。タバコが小道具として一役買っていた時代もあるほど。

それらの光景が、いつの間にか姿を消し、タバコを吸う人たちは、喫煙可能なマークを探し求めて、さまよい歩く始末。

前は道端で吸っていたのに、今は歩きたばこも規制の対象。タバコを吸うために、わざわざ喫煙室がある喫茶店に入らなくてはならない時代となっています。

そこまで嫌悪され、問題視され、徹底的に排除の対象となりつつあるタバコ文化が、今変化の時を迎えています。

スポンサードリンク

タバコが嫌われる理由

タバコが嫌われる理由といえば、その煙とニオイです。煙は、タバコを吸わない人にとっては、息苦しい以外の何物でもありません。

ましてや、その煙の中に、恐ろしい有害物質が含まれているとなると、一瞬たりとも「吸い込みたくない」と思ってしまいます。また、タバコの吸い殻が沢山たまった灰皿からの悪臭は、なんとも言えないニオイです。

タバコのヤニ臭さは、洋服や髪の毛にも残るほど。吸っている本人は、全く気にならないようなのですが、タバコを吸わない人にとっては、とても耐えがたいニオイなのです。

最近では、歩きたばこを規制する地域も増え、街中でタバコの煙やニオイがだいぶ減って来たからでしょうか?たまに嗅ぐそのニオイだから?余計に嫌悪されるようになっているのかもしれません。

また、一時期はホタル族などと言って、ベランダ喫煙族が話題になりましたが、タバコを吸わないご家庭が隣家だったとしたら、おそらくとても迷惑がられているはず。

何よりも、タバコのニオイが洗いたての洗濯物についた時の主婦のイライラは、吸っている人たちにはまったく想像もつかないことでしょう。

それほどまでに吸わない人にとっては大迷惑なタバコのニオイと煙。漸くこの点を改善したタバコの開発、そして販売がスタートしました。

タバコ文化は今確実に変化の時を迎えています。タバコ社会が、いよいよ新しい時代へと突入したと言ってもいいでしょう!

COPDの恐怖

ある日、病気で入院中の友人のお見舞いに行った際、友人と同じ部屋に、鼻へ管を挿し込み、ボンベを引きずりながら歩いている男性がいました。

トイレに行くにも、売店に行くにも、いつもその重たそうなボンベを引きずりながら歩いています。

知人から聞いた話では、タバコを吸い過ぎた事により、「COPD」という病気になった方でした。

COPDとは、タバコのタールなどの有害物質により、肺胞が破壊されて、徐々にその機能を失い、普通の呼吸が困難になるというもの。肺気腫と慢性気管支炎を併発した状態のものです。

このCOPDが進行すると、心不全や重度の肺炎などを引き起こし、命を落とす危険もあるそうです。きちんと酸素が吸えないと、全身に酸素が行き届かずに少しの動きでも息切れを起こします。

そうして徐々に日常生活もままならなくなり、補助として酸素をボンベで供給しなくてはならない身体になってしまうということなのです。

吸っても、吸っても、苦しい状態って想像つきますか?深呼吸しても苦しいのです。

どんなに苦しくても、毎日生活していかなくてはならない。地獄のようだと聞き、とても怖い病気なのだなーと思いました。

昭和の時代から、タバコを吸う生活が当たり前だった世代の方達が、今高齢になり、肺の病気で苦しんでいます。

長い年月をかけて自らの肺の機能を壊して来た結果、穏やかに暮らすはずの老後を病によって蝕まれています。

どうかそうならないためにも、少しでも健康な喫煙生活、身体に害の少ない喫煙生活を選択してみてはいかがかと思います。

新しいタバコ文化の到来

タバコの害悪の研究が進む中、やはり従来のタバコは、重大疾病の引き金になっているという結果が出ています。

それにより、タバコ会社は、出来るだけ身体に害のないタバコの開発をと、研究を進めてきました。そして、漸く形になってきた今、従来のタバコから、新しい時代のタバコへシフトするチャンスがやってきたのです。

周りの人に迷惑をかけないことはもちろん、ご自身の健康を害さないタバコ生活。人によっては、現代のタバコにシフトさせることによって、禁煙への階段を少しずつ上がっていくことに繋がるのです。

今まで禁煙に何度も失敗した方でも、徐々にニコチンの量を減らしていける選択肢が出来たのです。

少しでも健康的で、周りに迷惑をかけないタバコ生活を送りたい人、そして、ゆくゆくは禁煙したいと願っている人、両方の人たちにとって、この新しいタバコを選択することは、大きな一歩となることは間違いありません。

スポンサードリンク

JTが発売した日本製電子タバコのプルームテック

JTが発売を開始した、日本製の次世代電子タバコ、プルームテック。そのコンセプトは、

「吸う人も吸わない人も共存できる社会を実現するために、JTが提案するPloom TECH。」です。

プルームテックは、バッテリーとカートリッジから構成されています。

これにタバコの葉が詰まった専用タバコカプセルを組み合わせることで、楽しめるタバコです。

カートリッジの中のリキッドを、バッテリーで加熱して霧化し、その蒸気を専用タバコカプセルに通します。そのタバコの蒸気を吸うという使い方になっています。

これはJTが研究開発し作り上げたタバコ用デバイスであり、オリジナルのテクノロジーを用いたことにより、タバコのクリアな味わいを実現することに成功しています。

プルームテックを使った人の感想

実際にプルームテックを使った人の感想をまとめてみました。

  • JT(国内で唯一タバコの製造を行っている会社)が、開発・販売を手掛けているので安心感がある。
  • ニコチンが少なく感じる。
  • 普通のタバコを吸っていた時よりも口の中がさっぱりするようになった。
  • 料理の味がわかるようになった。
  • 普通のタバコのニオイに敏感になり、嗅ぐと気持ち悪くなるようになった。
  • 普通のタバコを吸っていた時は鼻の中が黒かったが、それがなくなった。
  • タバコのニオイがしない。身体にニオイがつかなくなった。
  • 煙が出ないので周りに迷惑をかけなくなった。
  • 使い方が簡単で軽い。
  • 吸い殻も灰も出ないので臭くなくて片付けも楽。

プルームテックと害の関係は?

タバコの害で一番問題視されているのが「タール」です。

このタールは、タバコの葉を燃やすことにより発生する粘着質のヤニのことです。

このタールには、数百種類の発がん性物質が含まれていて、タバコを吸い続けることにより、身体に害をもたらし、その結果肺ガンなどの重篤な病に陥る危険性を秘めています。

プルームテックは、タバコの葉は燃やさないので、このタールが発生する率はほぼゼロに近い状態だと言われています。

普通はタバコの葉を燃やした煙の中に含まれるタールですが、プルームテックはタバコの葉をカプセルの中に入れてから蒸気で加熱する、それも直接の加熱ではなく、カプセルに蒸気を通すだけなので、タールはほぼ発生しないであろうと言われています。

このタールが肺に入らないとうことだけで、普通のタバコとはかなり大きな違いがあるということになります。

ただし、JT電子タバコのプルームテックでは、ニコチンは加熱したタバコの葉の水蒸気の中に含まれますので、ニコチンの害はゼロではなく、いくらかを摂取することになります。

ただしその量は、従来のタバコと比べてもかなり激減していると言われています。

ニコチンには依存性などの精神的作用の害が大きいので、タバコをやめたい人は、プルームテックに変えたとしても徐々にニコチンの量(吸う回数)を減らしていくことが、禁煙を成功させる秘訣でもあります。

スポンサードリンク

まとめ

JT電子タバコのプルームテックについて、ここまでご紹介してきましたがいかがでしたか?日本のタバコ会社が開発した新しい形のタバコであるプルームテックは、かなり健康面を意識した仕様となっていることがわかります。

一番は、他人に迷惑をかけないタバコ。

そして吸っている人にとっても、健康を重要視した構造となっていることがわかりました。

このような人に新しい形のタバコを選択していくことが、禁煙の、そして健康生活への第一歩となります。JT電子タバコプルームテックを上手に利用して、皆様が少しでも健康で充実した毎日が送れますように、心から願いたいと思います。

プルームテックのカプセル購入方法!コンビニで購入?

2017.04.13

プルームテックの購入は東京や大阪でも可能?

2017.04.13

プルームテックの購入は東京や大阪でも可能?

2017.04.13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です