taspo(タスポ)紛失・窃盗・故障した時の再発行の手順と手数料について

taspo(タスポ)カードの申し込みを行って、taspo(タスポ)カードを使用していたが、紛失してしまったり、窃盗にあったり、taspoカードの故障が起きてしまった場合、再発行の手続きを行わなければなりません。 また、taspo(タスポ)カードの再発行を行う場合、再発行の理由によっては、手数料がかかってくる場合がございますので、しっかりとご確認していただければと思います。

また、taspo(タスポ)カードの、紛失・窃盗・故障などが原因でtaspo(タスポ)カードが使えない場合、taspoダイヤルまでお問い合わせいただく必要がございます。そのため taspoダイヤルの電話番号なども記載させていただいておりますので、必要な方はお問い合わせを行ってください。

それでは、taspo(タスポ)カードの再発行に関する情報をご紹介していきます。

taspo(タスポ)の有効期限切れたら更新手続きを行おう!更新方法記載!

2018.05.17

taspo(タスポ)申し込み用紙の記入方法と郵送方法について

2018.05.17

タスポ(taspo)のネット・郵送の申し込み方法(作り方) 即日について

2018.05.16

≫≫最新情報提供中≪≪
プレゼント企画実施予定

友だち追加

taspo(タスポ)カード再発行の手続きについて

taspo カードを紛失・窃盗された場合、以下の手順によって、再発行を行うことが可能となっております。再発行受付後は、如何なる場合(カードが見つかったなど)でも、現在の taspo カードはご利用できなくなりますので、ご注意ください。

それでは、taspo カードの再発行の手順のご紹介をしていきます。

手順1: taspo カード再発行申請

Web会員様向けメインメニュー画面より、 taspo カード再発行を選択していただき、再発行申請画面にて再発行情報を入力していただく形となっております。

手順2:再発行事前確認を行おう

「再発行理由がカード故障」の場合、再発行申請画面からカード ID 確認画面にアクセスしていただき、故障したカードのカード ID を入力していただく形となっております。

「再発行理由が紛失・窃盗」の場合、再発行申請画面または紛失/窃盗時メニュー画面より再発行手数料確認画面にアクセスしていただき、入力内容や手数料支払い方法をしっかりご確認して、同意欄にチェックを入れていただくようになります。

手順3: taspoカード再発行確認

「手順2」で入力した入力画面に内容に間違いが無いかをしっかりとご確認していただく形となります。

手順4:taspoカード再発行受付完了

登録受付のお知らせと、再発行状況の照会いただくための URL を記載したメールが、受信しますので、受信したメールに記載されている URL から再発行状況照会画面にアクセスしていただくと、手数料決済状況や taspo カードの発送状況などをご確認することができます。

お支払い方法を変更したい場合には、変更ボタンを押していただき、再発行手数料確認から再度実施していただく形となっております。

taspo(タスポ)再発行の手数料について

上記の方で少し触れましたが、taspo(タスポ)カードの再発行を行う際、場合によっては再発行手数料を支払わなければならないこともございます。

再発行にかかる手数料の値段は「1,000円」になっております。

ただし手数料がかかる再発行と、手数料がかからない再発行というものがございますので、そちらについてしっかりとうご確認しておいてください。

再発行手数料1000円を支払わなければならない場合

再発行を行うとき、手数料の1000円を支払わなければならない再発行の理由としましては、下記の通りとなっております。

【手数料がかかる場合】

  • taspoカードの紛失や盗難による再発行
  • taspoカードを破損したことによる再発行
  • taspoカードの退会後1年未満のカード申し込みの場合

この上記の場合は、 taspo カードを再発行する時に手数料がかかりますので、ご了承ください。

再発行を無料で行える場合

再発行を行う際、必ず手数料がかかるのではなく、無料で再発行を行うことも可能です。無料で再発行を行う場合は、下記に記載している理由で再発行を行う場合のみになります。

【無料で再発行できる場合】

  • 氏名の変更によるtaspoカード再発行
  • taspoカード故障による再発行
注意事項!
これらの場合、使用していた旧taspoカードは、返却しなければならない。

この上記の場合は、 taspo カードを再発行する時には、手数料がかからないようになっており、無料で再発行を行うことが可能です。

taspo(タスポ)Web会員の登録について

再発行の手順1に記載してある通り、Web会員様向けメインメニュー画面より、 taspo カード再発行を行う形となりますので、taspo(タスポ)Web会員の登録を行っておかなければなりません。

まだtaspo(タスポ)Web会員に登録されていない方につきましても、公式 URL を貼り付けておりますのでそちらからアクセスしていただき、登録してください。

すでにtaspo(タスポ)Web会員になっている方であれば、ログイン画面の URL を貼り付けておりますので、そちらからログインしていただき、再発行の手続きを行ってください。

taspo(タスポ)Web会員の登録

taspo Web会員の登録方法につきましては、下記のボタンを押していただければ、公式サイトにアクセスしますので、そちらから個人情報・カード情報などを入力していただき、登録を完了させておきましょう。

taspo(タスポ)Web会員ログイン画面

すでにtaspo(タスポ)Web会員の登録がお済みの方は、下記のボタンからログイン画面にアクセスできますので、そちらから再発行の手続きを行ってください。

ログイン方法は、「会員番号でログイン」「メールアドレスでログイン」この二つがございますので、自分自身がやりやすいログイン方法でログインしてください。

taspo(タスポ)の概要について

皆さんもご存知の通り、「taspo(タスポ)」は、成人識別のためのカードになります。未成年は絶対に申し込むことができませんし、使用することもできません。

taspo(タスポ)成人識別について

一般社団法人日本たばこ協会が成人の日に発行する「taspo(タスポ)」を持っている方のみが、 IC カード方式成人識別自動販売機を利用することができるようになっております。

「taspo(タスポ)」は、お申し込み時にお客様が成人であることをしっかりと確認・審査した上でtaspo(タスポ)カードを発行するものになっております。

また、購入時には、 ICに記録された成人を証明する情報を瞬時に読み取り、成人識別を行うような形となっております。taspo(タスポ)カードの発行手数料・年会費は無料となっております。

成人識別の厳格性を高める工夫がされている

タスポカードの中央にある「氏名」「会員番号」「顔写真」は、利用者を明確化することで本人への帰属性を高めて、譲渡・貸与を防ぎ、成人式別の幻覚性を高める役割を担っているのです。

このように成人識別の厳格性を最大限に高めている「taspo(タスポ)」だからこそ、未成年者の喫煙防止に非常に高い効果があると言えます。

昔の場合は、成人者・未成年者どちらもたばこ自動販売機で購入することは可能だったので、この「taspo(タスポ)カード」というものを取り入れることにより、未成年者がタバコ自動販売機でタバコを購入することも不可能ですし、それによって未成年者がタバコを喫煙することもほとんどないと言える。

まとめ

今回記載している内容としましては、taspo(タスポ)カードが紛失・窃盗・故障した時の再発行に関する情報について記載させていただきました。

また、再発行を行う時の手数料についてもご紹介しております。手数料がかかる場合の再発行と、無料で再発行を行える場合について記載させていただいております。

また、taspo(タスポ)の成人識別に関する情報につきましても記載させていただいておりますので、ご確認していただければと思います。

上記に記載している内容のものが、皆様のお役に立てていれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

≫≫最新情報提供中≪≪
プレゼント企画実施予定

友だち追加

taspo(タスポ)の有効期限切れたら更新手続きを行おう!更新方法記載!

2018.05.17

taspo(タスポ)申し込み用紙の記入方法と郵送方法について

2018.05.17

タスポ(taspo)のネット・郵送の申し込み方法(作り方) 即日について

2018.05.16

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です