タバコ禁煙をして禁断症状の期間いつまで続く?ピークはどのくらい?

タバコの禁煙を行うと、必ずと言っていいほど「禁断症状・離脱症状」という症状が出ます。禁煙を始めてすぐに禁断症状が出てしまい、どうしてもタバコをやめられないという方が多くいらっしゃいます。とても辛い禁断症状というものは一時的なものになっており、ずっと続くものではありません。

この禁断症状の期間はいつまでなのか?禁断症状のピークはいつなのか?禁断症状の期間を乗り越えるにはどのような方法が良いのか!

禁断症状を恐れて禁煙というものができない方は、是非ご確認していただければと思います。

≫≫最新情報提供中≪≪
プレゼント企画実施予定

友だち追加

簡単禁煙方法!ニコチンパッチとニコチンガムの禁煙効果と副作用について

2018.05.21

女性が確実に実践できる!おすすめの禁煙方法と禁煙後の肌について

2018.05.20

禁断症状とは

禁煙を行なっていく上で、第一関門と言われるものは「禁断症状」になります。禁煙を行えば、個人差はありますが誰しも禁断症状というものが出ます。

禁断症状としてよくみられるのが、「タバコが吸いたくてたまらない」「イライラする」「頭がぼーっとする」「夜に目が覚める」このような症状がよく見られております。

タバコの禁断症状とは、禁煙実行を困難にする最大の要因のひとつですが、最も辛いのは禁煙後の3日以内が辛いと言われております。

それでは、禁断症状というものの種類についてご紹介していきます。

よくみられるタバコの禁断症状について

タバコの禁煙を行いますと、必ずと言っていいほど「禁断症状」というものが見られます。その禁断症状というものには、どのようなものがあるのかということについてご紹介させていただきます。

【タバコの禁断症状】

  • タバコが吸いたくてたまらない
  • イライラする
  • 気分が落ち着かない
  • 頭がぼーっとして集中できない
  • 夜に目が覚める
  • 昼間眠たくてたまらない
  • 元気が出ない
  • 頭痛がする
  • 便秘気味になる
  • 食欲が増す
  • 口内炎ができる

このように様々な症状がありますが、このような症状は禁煙効果により起こることになっておりますので、体にとっては正常な反応となりますので、心配はありません。

禁断症状の期間はいつまで続くのか

先ほどもご説明させていただきましたが、タバコの禁断症状というものは、禁煙実行を困難にする最大の要因の一つになっておりますが、最も辛いのは禁煙後の3日以内になります。

この辛さは日に日に和らいで行き、約1週間、長くても4週間程度で治るものと言われております。

これまでにどのくらいの年数タバコを喫煙してきたのか、1日にどれぐらいタバコを吸っていたのかなどにもよって異なりますので、禁断症状の期間がいつまで続くのかというところにつきましては、個人差が大幅に変わってくるものとなります。

また、禁断症状が出たからといって、一週間禁煙を頑張っていたのに、タバコを吸ってしまったという方の場合は、振り出しに戻ってしまいますので、自分の強い意志をしっかりと持ちながら、禁断症状に打ち克ちましょう。

タバコの禁断症状のピークとは

タバコの禁煙を始めて、最も辛いピークの禁断症状が出ると言われている期間につきましては、「2~3日」から「1週間」の間と言われておりますが、喫煙されていた期間などによっては、「2週間以上」ピークの禁断症状が出る人もいらっしゃいます。

ピークの禁断症状をしっかりと乗り切っていただき、禁煙に成功していただきたいので、禁断症状を乗り切る方法というものについてもご紹介させていただきます。

タバコの禁断症状を乗り切る方法について

禁断症状を乗り切るためには、科学的なノウハウが必要とされております。

禁煙と関連している行動を変更したり、改善したり、別の行動に置き換えたりする方法や、禁煙を助けてくれる薬のニコチンパッチやニコチンガム、バレニクリンというものを使って禁断症状を和らげる方法になります。

要するに、「行動療法」と「薬物療法」この二つの方法を行いながら、禁断症状を乗り切るという方法になります。行動療法の中にも様々なものがございますので、簡単なことだけではなく、努力して変更したり改善したりする必要がございますので、自分の中にある甘い部分を捨て去り、しっかりと行動していきましょう。

行動療法で禁断症状を乗り切る

行動療法で禁断症状を乗り切る方法というものは、「行動パターンの変更方法」「環境改善方法」「代償行動方法」という三つの行動療法というものがございまして、一つ一つどのような項目があるのかということについてご紹介させていただきます。

行動パターンの変更方法

タバコの喫煙と関係のある今までの生活行動パターンをしっかりと見返していきながら、タバコを吸いたいという気持ちのコントロールを行なっていく方法になります。

  • 歯磨き、洗顔、朝食などの行動の順序の変更を行う
  • 昼食の場所や店を違う場所に変更する
  • 食後は早めに席を立つ
  • お酒、コーヒーを控える
  • ストレスをためないようにする
  • 夜更かしをしない

環境を改善方法

タバコの喫煙のきっかけとなる環境を改善して、タバコを吸いたい禁断症状をコントロールする方法になります。

  • 喫煙道具やtaspoなどを処分する
  • タバコを吸いたくなる場所を避ける
  • 非喫煙者の隣に座るようにする
  • 喫煙所には立ち入らない
  • タバコが購入できる場所に近寄らない
  • 喫煙者の周囲に近づかない

代償行動方法

タバコの喫煙の代わりに別の行動を実行をして、タバコを吸いたい禁断症状をしっかりとコントロールする方法になります。

  • 深呼吸をする
  • 水やお茶を飲む
  • 散歩や体操など軽い運動を行う
  • 入浴はゆっくりと行う
  • ガムなどを噛む
  • 歯を磨く

この「行動パターンの変更方法」「環境改善方法」「代償行動方法」というものについてご紹介させていただきました。しっかりと意識して行動に移すことのできることばかりですので、まずは自分のできることから始めていただき、できることならすべてのことを実行していただきたいと思います。

薬物療法で禁断症状を乗り切る

禁断症状というものは、ニコチンが体から抜け出すために怒る物になっておりますが、この症状はニコチンが再び体内に吸収されると消えるようなものになっております。

そのようなことから、タバコの代わりに薬剤の形で体内にニコチンを補給させて、禁断症状を和らげる方法になります。

「ニコチンパッチ」「ニコチンガム」という3つの禁煙補助薬が使われております。また飲み物の場合は、「バレニクリン」というものが使用されております。

この3つの物全ては、禁断症状を和らげるてくれる非常に優秀なアイテム(薬)になっております。

ニコチンパッチ、ニコチンガム

ニコチンパッチというものは、禁煙薬の一種になっており、記入の際により禁煙の成功率が高くなるようにサポートしてくれる薬となっております。市販で購入できるものもございますし、医療用のニコチンパッチもございますので、種類は豊富となっております。

ニコチンガムというものは、禁煙のためのガムになっております。ニコチンを含むチューインガムになっており、タバコを吸った時と同じ状態になることで禁煙欲求を抑えて、最終的に禁煙に導くようなアイテムとなっております。代表的なものとして「ニコレット」というニコチンガムがあります。

簡単禁煙方法!ニコチンパッチとニコチンガムの禁煙効果と副作用について

2018.05.21

飲み薬のバレニクリン

バレニクリンというものは、禁煙のための飲み薬になっております。これまでの研究で、既存の禁煙補助薬よりも有効性が高いとされている飲み薬になっております。

最初の一週間は喫煙しながら服用するもので、喫煙本数を減らすため、喫煙による満足感の低下を行うためです。段階的に禁煙を行えるような状態を作り出すための薬です。

タバコを再喫煙しそうになった時の状況と改善方法

 

タバコの禁煙を行っている期間には、非常に辛い禁断症状というものに加え、日頃の生活などにおいても、様々なストレスなどを感じる場合があると思われますので、「もしも再喫煙したくなった時の状況と改善」というものについてしっかりと学んでおきましょう。

仕事や人間関係でイライラした時

  • 深呼吸をしたり、歯を磨く
  • 飴やガムなど甘いものを食べる
  • 迷惑のかからない場所で大声を出す

気分が落ち込んで憂鬱な時

  • 映画、ゲーム、スポーツなどを行い気晴らしをする
  • 信頼でき 家族、友人に悩みや愚痴を聞いてもらう

タバコを吸っている人を見た時

  • その場からすぐに離れて深呼吸する
  • 目をそらし、携帯や景色などを眺める

居酒屋などに入った時

  • 周りの人に「禁煙宣言」を行なっておく
  • タバコを吸わない非喫煙者の隣に座る
  • お酒に酔わないように気をつけておく

一段落してほっとした時

  • お茶、お菓子などを用意して楽しむ
  • ストレッチや軽い体操を行う
  • 顔を洗ってすっきりとする
  • 誰かとトークをして気を紛らわせる

このように、禁煙中に様々なタバコを誘惑する場面が出てくるかと思われますが、上記でご説明させていただいている内容のものを試していただき、少しでもタバコの誘惑に打ち克てるような状況を頭に入れておきましょう。

居酒屋やお酒を飲むような席に行きますと、どうしてもタバコを吸いたくなるような雰囲気がありますので、その時は、お酒に酔わないように注意して、その時間を楽しむようにしてください。お酒によってしまうと、酔った勢いでタバコを喫煙してしまう可能性が十分に考えられますので、強い意志というものも必要となってきます。

とてもつらい期間が最大で1ヶ月ほどありますが、それを乗り切ることにより、健康な体を取り戻すことが出来ますし、経済面でも余裕ができる状態となりますので、しっかりと禁断症状の期間を乗り切って、禁煙に成功しましょう。

ニコチン依存度チェック!

これから6つの質問をさせていただきます。 質問の下には選択肢がありますので、自分と当てはめていただき、回答を行ってください。回答ひとつひとつに点数をつけさせていただいておりますので、その点数をプラスしていきながら、質問に答えて、最終で判定というものを記載させていただいておりますので、結果はそちらでご確認ください。

質問1:朝、目が覚めてから何分後にタバコを吸っていますか?

  • 5分以内  (3点)
  • 6~30分 (2点)
  • 31~60分(1点)
  • 61分後以降(0点)

質問2:喫煙できない場所で喫煙を我慢するのが難しいと感じますか?

  • はい (1点)
  • いいえ(0点)

質問3:1日のうち、どの時間帯のタバコをやめるのに1番未練を感じますか?

  • 目覚めのタバコ1本(1点)
  • その他のタバコ1本(0点)

質問4:1日に何本のタバコを吸っていますか?

  • 31本以上  (3点)
  • 21~30本 (2点)
  • 11~20本 (1点)
  • 10本以下  (0点)

質問5:目覚めてから2~3時間以内に吸う本数の方が、それ以降に吸う本数よりも多いですか?

  • はい (1点)
  • いいえ(0点)

質問6:病気で1日寝ているような時でも、タバコを吸いますか?

  • はい (1点)
  • いいえ(0点)

 ニコチン依存度チェックの結果! 

0~3点【ニコチン依存度は低い】ライトスモーカー
4~6点【ニコチン依存度は中程度】ミドルスモーカー
7~10点【ニコチン依存度は高い】ヘビースモーカー

まとめ

今回を記載している内容としましては、禁煙を行っているときの「禁断症状」の期間について、ピークはいつまでなのか?また、禁断症状はいつまで続くのか?ということに対しての改善方法などについて記載させていただきました。

また、禁煙中にタバコを吸いたくなってしまった時の対処方法などについてもご紹介させていただいておりますので、しっかりとご確認していただき、禁煙中にそのような状態になった場合、すぐに対処できるような体制をとっておきましょう。

禁断症状に打ち勝って、非喫煙者となれば、あなたの人生は大幅に変化するのではないかと思われます。

上記に記載している内容のものが皆様のお役に立てていれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

≫≫最新情報提供中≪≪
プレゼント企画実施予定

友だち追加

簡単禁煙方法!ニコチンパッチとニコチンガムの禁煙効果と副作用について

2018.05.21

女性が確実に実践できる!おすすめの禁煙方法と禁煙後の肌について

2018.05.20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です