タバコの禁煙で発症する禁断症状!禁煙鬱(うつ)の症状と改善方法について

タバコの禁煙をすると、様々な禁断症状・離脱症状が現れて、うつ病と同じような症状も現れることがあります。そのような症状のことを、「禁煙鬱(きんえんうつ)」と呼ばれております。

禁煙を行って数日経ったぐらいから、「何事にもやる気が起きない」「理由もなく不安感がある」などと言った精神面の変化を強く感じているようであれば、禁煙鬱を発症している可能性が考えられます。

それでは、タバコの禁煙を行った時の、禁断症状・離脱症状に加えて、禁煙鬱というものについてもご紹介していきたいと思います。

≫≫最新情報提供中≪≪
プレゼント企画実施予定

友だち追加

タバコ禁煙!息苦しい・痺れ・頭痛・吐き気の禁断症状の期間について

2018.05.24

タバコ禁煙をして禁断症状の期間いつまで続く?ピークはどのくらい?

2018.05.23

簡単禁煙方法!ニコチンパッチとニコチンガムの禁煙効果と副作用について

2018.05.21

禁煙鬱(きんえんうつ)とは

脳には、神経細胞同士で情報伝達のやりとりを行っている神経伝達物質というものがあります。

「ドーパミン」「ノルアドレナリン」「セロトニン」は三大神経伝達物質と言われております。人間の精神・感情・睡眠と言った重要な機能に深く関わっているものになります。

「三大神経伝達物質」と言われる三つの物質について簡単にご説明させていただきます。

ドーパミンとは

気持ちいい・心地よい・楽しいなどと言った時に脳内に分泌される物質になります。ドーパミンの物質で、人間は快楽を感じることができているのです。 また、そのドーパミンの過剰分泌で依存症を引き起こす原因にもなっております。

ノルアドレナリンとは

ノルアドレナリンというものは、アドレナリンという神経伝達物質に類似した物質になっており、これも神経伝達物質です。体内でアドレナリンから合成される。

アドレナリン、ノルアドレナリンは、自律神経のうち、交感神経を活性化させます。交感神経は、「闘争と逃走」を司る神経と言われ、緊張や怒り、外敵との接触によって活性化される神経です。

ノルアドレナリンが不足してしまうと、意欲や判断力が低下して、無気力、無関心となり、要するにうつ状態の症状が現れるということになります。

セロトニンとは

ドーパミン・ノルアドレナリンをはじめとする脳内物質をコントロールして心のバランスを整え、やすらぎ、安心感をもたらす。

セロトニンが不足してしまうと、精神のバランスが崩れて、ドーパミン神経やノルアドレナリン神経が暴走してしまって、うつ病やパニックなどの症状を発症しやすくなるものです。

なぜ禁煙で鬱(うつ)になるのか

禁煙うつの発症というものには、脳内物質の分泌が深く関わっているのです。

タバコに含まれている有害物質のニコチンには、脳内物質である「セロトニン」「ドーパミン」の分泌を促す作用があります。これらの脳内物質は、心のバランスを良好に保って、向上心や、やる気を高める働きがあると言われております。

「アセチルコリン」という物質がこのような役目をしているはずなのですが、喫煙者が大量にニコチンを摂取することによって、アセチルコリンが不要になり、分泌が減ります。

アセチルコリンの分泌が減っても、タバコを吸っている間は、ニコチンが脳内物質を分泌させる役目担っているので問題がない。しかしながら、タバコの禁煙によって急激にニコチンの供給が断たれることで、脳内物質の分泌がストップしてしまうのです。

禁煙うつはいつまで続くのか

禁煙うつが続く期間というものは、タバコを禁煙した時の禁断症状と同じで、個人差が大きいので一概に答えることはできません。

禁煙鬱が1か月で回復したという方もいらっしゃいますし、3ヶ月ほどで回復したという方も中にはいます。もっとひどい方に関しては、半年以上うつに悩まされているという方もいらっしゃいます。

禁煙うつが回復する期間というものは人それぞれですが、それとは反対に記入鬱が発症するタイミングというのも人それぞれ異なるものとなっております。

禁煙うつの発症が早い人では、禁煙から数日で発症する方もいらっしゃいますが、発症の遅い人では数ヶ月経ってから禁煙うつになることもあるようです。

結果的に禁煙うつがいつまで続くのかという質問には、はっきりとは答えることはできませんが、症状が軽い人は1か月程度で回復し、半年以上、禁煙鬱で悩まされている方もいらっしゃるということを頭に入れておいてください。

禁煙うつになってしまった場合の改善方法について

禁煙を行って、禁煙うつを発症した場合、不足しているセロトニンを増やすような健康的な生活習慣を送ることにより、禁煙うつの症状を軽くすることができます。

できるだけストレスになることを避けて、バランスの取れた食事をとっていただき、早寝早起きをして、ウォーキングなどの運動をするのが効果的と言われております。

【禁煙鬱に効果的なこと】

  • バランスのとれた食事
  • 適度なリラックス
  • ストレスを溜めない
  • 軽い運動

このようなことが効果的と言われております。一番効果的と思われることが「軽い運動」。

禁煙鬱になってから、一日中家にこもりっぱなしですと、嫌なことばかりを考えてしまったり、イライラが溜まってしまう場合がありますので、そのような場合は、ウォーキングなどの軽い運動を行うことにより、少しずつではありますが、禁煙うつの改善につながってきます。

また、バランスの良い食事に関しましては、 セロトニンを増やすために、セトロ人の原料となる必須アミノ酸「トリプトファン」というものを多く含む食品を摂取するようにしましょう。

【トリプトファンが含まれる食品】

  • 乳製品(卵、チーズ、ヨーグルト)
  • 大豆食品(豆腐、豆乳)
  • ナッツ類

【ビタミンB6が含まれる食品】

  • にんにく
  • マグロ
  • レバー
  • アボカド
  • ごま

トリプトファンだけではなく、ビタミンB6を摂取することによりセロトニンを作ることができますので、ビタミンB6が含まれる食品も摂取するようにしましょう。

【トリプトファンの摂取量目安】

  • 体重1㎏あたり6mg
  • 1日の摂取上限6.000mg

上記に記載しているトリプトファンの摂取量目安を基準として、バランスの取れている食事というものを取るようにしましょう。

タバコを禁煙した時の主な禁断症状について

喫煙者の方々が禁煙を試みた時、多くの方が禁断症状を発症するのですが、その中で最も多く見られる禁断症状というものをご紹介しておりますので、ご確認ください。

【主な禁断症状】

  • イライラする
  • タバコが吸いたくてたまらない
  • 気分が落ち着かない
  • ぼーっとして集中できない
  • 夜中に目が覚める
  • 眠たくてたまらない
  • 元気が出ない、やる気が出ない
  • 頭痛がする
  • 便秘気味になる
  • 食欲が増す
  • 口内炎ができる
  • 息苦しく感じる

この12個の症状がよく見かけるタバコの禁断症状になっております。(この他にも、さまざまな症状があります。)

まとめ

今回記載している内容としましては、禁煙を行った際の「禁煙うつ」というものについて紹介させていただきました。

禁煙の禁断症状・離脱症状の中で最も辛い「禁煙うつ」というものになってしまった場合、上記に記載している対処方法などを参考にしていただき、少しでも早く改善するように心がけましょう。

このように、禁煙というものは簡単なものではありません。それなりの努力をし、強い意思を持って禁煙を行わないと、禁煙成功までの道のりは非常に長くなりますので、関連記事などにある禁煙方法というものを参考にしていただき、禁煙に取り組んでみてはいかがでしょうか。

上記に記載している内容のものが皆様のお役に立てていれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

≫≫最新情報提供中≪≪
プレゼント企画実施予定

友だち追加

タバコ禁煙!息苦しい・痺れ・頭痛・吐き気の禁断症状の期間について

2018.05.24

タバコ禁煙をして禁断症状の期間いつまで続く?ピークはどのくらい?

2018.05.23

簡単禁煙方法!ニコチンパッチとニコチンガムの禁煙効果と副作用について

2018.05.21

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です