加熱式電子タバコアイコスの国際線・国内線の機内持ち込みについて!

喫煙者の方々に人気となっている加熱式電子タバコのアイコスですが、旅行や仕事などで、国内線・国際線を使用して飛行機に乗る際、加熱式電子タバコのアイコスを機内持ち込みということは可能なのか?もしくは、預けることは可能なのか?

このようなことについて記載させていただいております。また、問い合わせた結果も記載させていただいておりますので、アイコスを愛用している方で、飛行機に乗ることがある方は、しっかりとご確認していただければと思います。

≫≫最新情報提供中≪≪
プレゼント企画実施予定

友だち追加

アイコスの公式ホームページの故障診断のやり方手順と保証期間について

2018.04.28

アイコスの故障の種類・症状とホームページの電話番号について

2018.04.27

新型アイコス故障ランプの点滅・点灯パターンと保証期間について

2018.03.09

飛行機の機内持ち込み・お預かりできないもの

飛行機に乗り込む際、手荷物検査というものを行いますが、その際機内持ち込み・お預かりする荷物というものに分けると思いますが、今から紹介する物に関しては、 「機内持ち込み・お預け」ができないものとなっておりますので、確認しておいてください。

【機内持ち込み・お預かりできない物】

  • 爆発の恐れがあるもの
  • 燃えやすいもの
  • 人に危害を与えたりするもの
  • 他の物件を損傷する恐れがあるもの
  • 刃物類
補足!
沖縄県・奄美群島空のさつまいも・アサガオなど、沖縄県・徳之島・沖永良部島及び与論島空の未検査の柑橘類・ゲッキツなどの苗木・穂木類・生茎葉に関しては、本土への持ち込みが規制されており、お預かりも機内持ち込みもできないものとなっておりますので、十分にご注意ください。

アイコスの機内持ち込みは可能

アイコスを機内に持ち込むことは可能となっておりますが、受託手荷物の中にアイコスを入れることは禁止されております。要するに預ける荷物の中に入れておいてはいけないということになります。

どうしてアイコスを預けてはいけないのか?

なぜアイコスを預けることができないのかということに関しましては、アイコスの本体にその理由があります。

アイコス本体には「リチウムイオン電池」 というものが使用されているから、預けることができないとされております。基本的に、飛行機に乗る際、預ける荷物の中には、リチウム電池などを入れて預けてはならないということになっております。

JALとANAに問い合わせてみた結果

実際に JAL と ANA に問い合わせた方が、皆さんにお伝えする際、確実で分かりやすいかと思いましたので、問い合わせをさせていただきました。問い合わせを行った際の返答について紹介させていただきます。

JALに問い合わせた結果

アイコスなどの加熱式電子タバコは自宅で荷物としてお預かりすることはできないようになっております。なお、加熱式電子タバコのバッテリー【(リチウム電池の場合)リチウム含用量が2g以下である。】【(リチウムイオン電池の場合)ワット時定格量が100Wh以下であること。】このような規定の場合ですと、機内への持ち込みが可能になります。

また、予備電池につきましても規定の範囲であれば、機内に持ち込みいただけますが、短絡しないようにケースに入れていただくなど、個別に保護していただくようにしております。

ANAに問い合わせた結果

加熱式電子タバコのアイコスのホルダー・ポケットチャージャーはリチウムイオン電池を使用しているかと推察されますが、リチウムイオン電池に関しましては、受託手荷物としてお預かりできない規定になっております。

アイコス本体は、受託手荷物としてお預かりできませんが、自らが使用するもののみ、機内持ち込みが可能となっております。

国別でのアイコス持ち込みに関する注意事項

アイコスの持ち込みが禁止されている国もありますし、アイコスの使用を禁止されている国もありますので、この辺りはしっかりと学んでおく必要があります。

今回、国別ということで記載させていただいておりますが、「ハワイ・韓国・台湾・アメリカ・シンガポール」この5カ国についての紹介になります。

ハワイのアイコスの持ち込み・使用について

【ハワイにアイコスを持ち込むことは可能・アイコスの使用も可能】

ハワイでは加熱式電子タバコのアイコスの持ち込みも、アイコスの使用も認められております。ただし、タバコと同じ扱いになりますので、使用する場所は喫煙エリアで使用しなければ、100ドル~500ドルの罰金刑になりますので、十分に注意してください。

※21歳未満の方に関しては、持つことも吸うことも禁止されております。

韓国のアイコス持ち込み・使用について

【韓国にアイコスを持ち込むことは可能・アイコスの使用も可能】

重要文化財付近での喫煙に関しては、罰金などがありますので注意してください。アイコスのタバコと同じであると考えますと、何らかのトラブルとなる可能性が十分に考えられますので、アイコスの使用も注意してください。

台湾のアイコス持ち込み・使用について

【台湾にアイコスを持ち込むことは不可能】

台湾に加熱式電子タバコのアイコスを持ち込むことは、厳格に禁止されております。

上記に記載しているハワイと同様に、喫煙場所で吸わないと罰金刑がありますので十分に注意してください。罰金に関しては、2,000元~10,000元(8,000円~40,000円)となります。
※台湾を出国時の場合は、機内持ち込みの手荷物としては許可されております。

アメリカのアイコス持ち込み・使用について

【アメリカにアイコスを持ち込むことは可能・アイコスの使用も可能】

リキッドタイプの電子タバコに関しての使用・販売は週ごとに条例により、非常に厳しく規制されておりますので注意してください。

アメリカでの喫煙場所で使用することに関しては、今のところを禁止されていないものになっております。使用する際は、必ず定められた喫煙場所で使用してください。

シンガポールのアイコス持ち込み・使用について

【シンガポールにアイコスを持ち込むことは不可能】

シンガポールでは完全に禁止されている状態になっております。

特に電子タバコに関しては、「所持していることがNG」となっております。

持ち込むこと自体が禁止となっており、申告なしで持ち込みが発覚しますと、日本円にして【約50万円の罰金】となってしまいますので注意しましょう。

機内に関するアイコスの注意事項

機内に持ち込むことが可能なアイコスですが、機内での注意事項などに関することがありますので、しっかりとご確認してください。

X線検査を行うときの注意事項

手荷物の中にアイコスを入れたまま、X検査を行うと、引っかかってしまうことになりますので、必ずX線検査を行うときは、「トレーのかごに入れる」ことを忘れずに。

ポケットに入れたままX線検査を行いますと、再度チェックされる可能性が考えられますので、トレーのかごに入れてX線検査を行いましょう。

機内での充電に関しての注意事項

機内にアイコスを持ち込むことは可能ですが、充電はできないものとなっておりますのでご注意ください。

リチウムイオン電池は100%安全ではないものになっておりますので、管理も厳重にしないといけないということでしょう。

機内でのアイコス使用は禁止

機内の中でタバコを吸うこともできないということなので、アイコスも同様に使用することは不可能となっております。

匂いや煙が少ないアイコスですが、匂い・煙がないものではありませんので、他のお客様に迷惑がかかってしまいますので、使用は禁止されております。

その他の電子タバコの機内持ち込みに関して

「グロー」「プルームテック」「電子タバコ(リキッド)」の機内持ち込みに関しては、基本的にアイコスと同じ対応になっております。

機内持ち込みの条件となるリチウム電池の量などをオーバーする電子タバコに関しては、機内持ち込みが不可能になりますので、しっかりと確認することが大切となってきます。

まとめ

今回記載している内容としましては、アイコスの機内持ち込みに関する情報を記載させていただいております。国内線・国際線飛行機に乗り込む際の、注意事項をしっかりとご確認していただければと思います。

海外旅行などに行く際、アイコスを持ち込むことが不可能となっている国もありますので、十分に確認して飛行機に乗りましょう。

上記に記載していないようなものが皆様のお役に立てていれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

≫≫最新情報提供中≪≪
プレゼント企画実施予定

友だち追加

アイコスの新商品ヒートスティックのブラウンとオレンジブレンドが発売!味について

2018.04.21

アイコスが赤点滅 赤点灯した時の直し方と正しいリセット方法

2018.03.14

新型アイコスの購入方法や値段と購入場所・取扱店舗の詳細

2018.03.13

新型アイコスの掃除方法(クリーニング)の手順やコツ・掃除キットについて

2018.03.12

新型アイコスの使い方とボタンの解説・充電方法や新旧の違いについて

2018.03.11

アイコス本体とヒートスティック人気の味の種類やニコチンの量について

2018.03.10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です