【アイコス互換機】ジーモ(GeeMo) 電子タバコの使い方・特徴とアイコスとの比較について

加熱式タバコのアイコスという製品が発売されてから、多くの互換機が発売され始めました。アイコス専用のヒートスティックを使用することのできる加熱式タバコのことを「互換機」といい、様々な形・様々な機能が搭載されている加熱式タバコがあります。

そんな中、「ジーモ(GeeMo)」という加熱式タバコが発売され、多くの方が注目した製品になっております。アイコスの互換機になりますが、アイコスとは形が全く異なるものになっております。そのようなジーモ(GeeMo)の特徴・使い方など様々なことに関する情報を記載しております。

【アイコス互換機】Kamry Kecig 2.0 Plus(カムリケーシグ)の使い方・特徴とアイコスとの比較について

2018.07.09

【アイコス互換機】アイスモーク(iSMOKE)の使い方・特徴とアイコスとの比較について

2018.07.09

【アイコス互換機】アイバディ(iBuddy)の使い方・特徴とアイコスとの比較について

2018.07.08

≫≫最新情報提供中≪≪
プレゼント企画実施予定

友だち追加

GeeMo(ジーモ)とは

アイコス専用のヒートスティックというタバコスティックを使用することのできるアイコス互換機になります。洗練されたデザイン、全く新しいテクノロジーを搭載しております。360度全方位から加熱することで、満足のいく味わいを楽しむことのできる加熱式タバコとなっております。形はどちらかと言うと、加熱式タバコのグローに似ている製品となっております。

GeeMo(ジーモ)とアイコスのスペックの比較

ジーモ(GeeMo)の加熱式タバコと、アイコスの加熱式タバコでは、どのようなスペックの違いがあるのか、下記の表をご確認していただければ、その違いがはっきりと理解できるかと思われますので、比較している表をご覧ください。

ジーモ アイコス
4980円 10980円
一体型 分離型
11.9x
7.1x
4.6cm
チャージャー
111mm×

50mm×
15mm
ホルダー
94mm×
14 mm
2500mAh 2900mAh
吸引回数
約 – 回
約14回
吸引時間
約3分35秒
約6分
連続使用
約18本
1本
充電時間
2時間
チャージャー約90分
ホルダー約4分
保証期間
90日間
6ヶ月

記載している価格は「Amazon」 の価格になっております。

比較結果を見てわかること

上記の表をご確認すると、「価格の違い」「吸引時間」「連続使用本数」「保証期間」というものがアイコスとは異なるようになっております。吸引時間に関してはアイコスの方が長く吸引することが可能になっておりますが、連続使用本数に関してはジーモ(GeeMo)の方が多く使用することが可能となっております。

また保証期間に関しては、アイコスの保証期間が6か月、ジーモ(GeeMo)の保証期間が90日となっております。この保証期間に関しても、購入するかどうかというところが皆さんの決め手になるのではないかと思われます。

GeeMo(ジーモ)の最大の特徴について

ジーモ(GeeMo)加熱式タバコは、バイブレーション搭載の360°全方位から加熱を行う製品となっており、最大で18本連続で喫煙することが可能となった加熱式電子タバコになっております。

ジーモ(GeeMo)加熱式タバコには、大きく分けて4つの特徴がありますので、その4つの特徴をご紹介します。

手にしっくり馴染む製品

一度の充電で18本連続で喫煙することのできる加熱式電子タバコになっております。その驚きのパフォーマンスを、シンプルな一台で実現することができたのがジーモ(GeeMo)の加熱式タバコになります。

全く新しいテクノロジーを搭載

外側から360°全方位で均一に加熱することができるように作られ、満足のいく味わいを楽しむことができるようになっております。

耐久性に優れた製品

アイコスの加熱ブレードに比べて、折れることなく耐久性に優れている製品で、より均一&完全に加熱することで、もっと紙巻きタバコに近い喫味を味わうことができるようになりました。

三つのモード

煙の量と加熱温度はモードにより異なります。ボタンを5回連続で押すだけで気軽にモードを切り替えることが可能となっております。このモードというものは、簡単にご説明すると「煙の量」を切り替えることが可能ということになります。

  • モード3「最も煙が多い」
  • モード2「煙の量 普通」
  • モード1「煙の量 少量」

GeeMo(ジーモ)のスターターキット

ジーモ(GeeMo)のスターターキットに付属している内容は下記の通りとなっております。一通り付属品の確認を行っておきましょう。

【GeeMo(ジーモ)セット内容】

  • バッテリー本体×1
  • シリカゲルカバー×1
  • USBチャージケーブル×1
  • 清潔ブラシ×1
  • ピンセット×1
  • 綿棒セット(10本)×1
  • 日本語説明書×1

GeeMo(ジーモ)の簡単な使い方

ジーモ(GeeMo)を購入して使用する方法は、とても簡単な使用方法となっておりますので、初めて加熱式タバコを使用するという形でも、スムーズに使用することができます。下記に使用方法のご紹介をさせて頂いておりますので、そちらを参考にしジーモ(GeeMo)の加熱式タバコをご使用ください。

ステップ1:ジーモ(GeeMo)本体にヒートスティックをセットしよう

ヒートスティックを一本取り出して、ジーモ(GeeMo)本体の挿入部分にヒートスティックを挿入しましょう。

ステップ2:ジーモ(GeeMo)本体の電源を入れよう

ジーモ(GeeMo)本体の「機能ボタン」というボタンを2秒以内連続で3回押しますと、機能ボタンの下にある「機能指示ライト」というものが青く5回点滅し電源が入るようになっております。

重要事項
ボタンを3回押して電源が入りますと、自動的に20秒間予熱が開始され、予熱が完了しますと本体が1回振動してライトが点灯します。

ステップ3:本体の加熱に関して

上記でも記載している通り、本体の電源を入れますと、予熱が開始されます。余熱が開始されて完了すると本体が1回振動してライトが点灯するような仕組みになっており、その後に吸引の準備が完了ということになりますので、予熱完了の合図の後にヒートスティックを喫煙することが可能となります。

モードを切り替える方法について

2秒以内に連続でスイッチを5回押しますと、モードお気軽に切り替えることが可能となります。購入して開封後のモードの設定は、「モード1」になっております。

注意事項
加熱中はモードを切り替えることができませんのでご注意ください。

充電方法について

ジーモ(GeeMo)本体の充電は、付属している「USB チャージャーケーブル」というものを使用して簡単に充電を行うことが可能となっております。

充電過程に電気量ライトが段階式で明滅して、5個の指示ライトが全部明滅しなくて光る時、充電完了します。

注意事項
2Aアダプターを組み合わせる必要があります。2A以下のアダプターを使用したら、充電時間が延長しますのでご注意ください。2Aアダプターを組み合わせて充電を行うと充電時間が短縮できるということになります。

GeeMo(ジーモ)のメンテナンス方法

ジーモ(GeeMo)のメンテナンス方法は、一度覚えるだけで簡単に行うことができるメンテナンス方法になっておりますので、本体に付属している説明書をご覧いただければ、掃除に関する詳しい情報が記載されておりますので、購入した方はそちらをご確認ください。

購入を考えている方に関しては、下記の簡単なご説明をご覧いただき、参考にしていただければと思います。

ステップ1:加熱カップを取り外そう

ヒートスティックを挿入する部分の加熱カップというものを分解して、掃除を行うことが可能となっておりますので、まず最初に加熱カップを分解しましょう。

ステップ2:水洗いを行おう

加熱カップを分解しましたら、水洗いが行えるようになっておりますので、綺麗に水洗いを行いましょう。

ステップ3:加熱カップを乾燥させて元に戻そう

乾いている布などで加熱カップについている水滴などを拭き取って、完全に乾かした後、本体にセットするようにしましょう。加熱カップは交換することも可能となっております。

独自の加熱方式により、アイコスの加熱式タバコと比べて、ゴミなどが少なく、クリーニングも簡単な加熱式タバコとなっております。 その他にも「ピンセット」「掃除用ブラシ」「クリーニング綿棒」などを使用してクリーニングを行うことも可能となっております。

GeeMo(ジーモ)の保証期間・値段について

ジーモ(GeeMo)の加熱式タバコの保証期間は、購入してから90日間の間となっております。

通常使用における故障により使用できなくなった場合、90日間以内であれば無償で交換させていただくような保証となっております。

【GeeMo(ジーモ)の値段】

  • 4,980円(税込)
【GeeMo(ジーモ)の保証期間】

  • 90日間保証

記載しているジーモ(GeeMo)の加熱式タバコの価格については、「 Amazon」 の価格となっておりますのでご了承ください。

まとめ

アイコスの互換機にあたるジーモ(GeeMo)加熱式タバコのご紹介をさせていただきました。アイコスの加熱式タバコと比較を行いながら、ジーモ(GeeMo)の製品はどのようなスペック・ 特徴・使い方・掃除方法などがあるのかということに関する情報も記載しております。

アイコスの互換機として新たな製品を探している方がいらっしゃいましたら、【ジーモ(GeeMo)】という製品を選んでみてはいかがでしょうか。

上記に記載している内容のものは皆様のお役に立てていれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

≫≫最新情報提供中≪≪
プレゼント企画実施予定

友だち追加

【アイコス互換機】Kamry Kecig 2.0 Plus(カムリケーシグ)の使い方・特徴とアイコスとの比較について

2018.07.09

【アイコス互換機】アイスモーク(iSMOKE)の使い方・特徴とアイコスとの比較について

2018.07.09

【アイコス互換機】アイバディ(iBuddy)の使い方・特徴とアイコスとの比較について

2018.07.08

【アイコス互換機】イーフォスイーワン(EFOS E1)の使い方・特徴とアイコスとの比較について

2018.07.06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です