【タバコ代節約できる】ヴェポライザーC-VAPOR3.0(シーベイパー3)の使い方・レビュー

紙巻きタバコの値上げで、喫煙者にとって苦しい状況になってきました。

そこで、タバコの値上げで悩まされている喫煙者の方々のために、タバコ代を半分以下に抑えることのできる、ヴェポライザー「WEECKE C-VAPOR3.0(ウィーキー シーベイパー3)」という製品がありますので、ご紹介していきます。

日本でも注目され始めた製品になっていて、通常の紙巻きタバコや、手巻きタバコ用の葉(シャグ)を使用して加熱式タバコに変えて喫煙するデバイスになります。

それでは、ヴェポライザー「WEECKE C-VAPOR3.0(ウィーキー シーベイパー3)」の特徴・使い方や使用した感想などについて見ていきましょう。

日本でも注目されている「ヴェポライザー」とは

ヴェポライザーとは、市販の紙巻きタバコ(セブンスター・マールボロ・メビウスなど)を4分の1もしくは、3分の1にカットして、本体にセットすることで加熱式タバコとして喫煙することが可能になるのです。

また、手巻きタバコで使用されているタバコ葉(シャグ)を詰めて、同じ要領で加熱し喫煙することもできます。

火を使わず電気的な加熱により、タバコ葉本来の香りや成分のみを抽出して吸うことができるのです。

ヴェポライザー「C-VAPOR3.0(シーベイパー3)」の最大の魅力

C-VAPOR3.0(シーベイパー3)の商品は今一番売れている商品になります。

こんなにも売れている理由はC-VAPOR3.0の機能・特徴にあった!

C-VAPOR3.0の最大の魅力にタバコ代を半分以下に抑えることができる魅力というものがありますし、その他にも様々な良い魅力が搭載されていますので、ご紹介していきます。

タバコ代の節約ができる!

ヴェポライザーC-VAPOR3.0で1回に使うタバコ葉の量は少なく済みますので、タバコ代の節約を行うことができるのです。

市販の紙巻きタバコ(セブンスター・マールボロ・メビウスなど)を4分の1もしくは、3分の1にカットして、本体にセットして使用するデバイスですので、1箱500円のタバコであれば、この時点で【1箱約125円】になるのです。

さらに!それだけでは終わらず、4分の1もしくは、3分の1にカットしたものを2回チェーンスモークすることができるのです。

結果的に、8分の1もしくは、6分に1という計算になりますので【1箱約62円】になる!

そして、極めつけはこれ!【手巻きタバコ用のシャグ】

ヴェポライザーの真骨頂は手巻きタバコ用のシャグとも言われており、市販の紙巻きタバコをカットして使用することも可能なのですが、より美味しく・より安くできるのは【シャグ】になります。

シャグを使用すれば、タバコ代というものは「10分の1以上」に安く済ませることができるのが魅力です。

有害物質の発生を抑えられる

ヴェポライザーC-VAPOR3.0は、火を使わずに200℃前後で加熱を行うデバイスとなっておりますので、有害物質の発生を抑えることができるようになっています。

加熱温度に関しては、160℃~230℃で8段階の温度変更が可能となっています。

エアフローコントロール機能を搭載

ヴェポライザーC-VAPOR3.0には、エアフローコントロール機能が追加で搭載されていて、回すことによってエアホールが閉じたり開いたりしますので、吸い心地というものを調整することができる。

重くすることもできたり、軽くすることもでき、自分に合った吸い心地をコントロールし、満足のできる吸いごたえを実感。

LED液晶機能で温度・バッテリー残量がわかりやすくなった

LED 液晶機能搭載で「電源オン」「電源オフ」「充電中」「充電残量」「自動オフまでの残り時間」「温度設定」「エラー表示」このような項目について全てLED液晶にて、確認することができるようになっているのです。

喫煙中、残りの喫煙時間というものも知りたいですよね?ヴェポライザーC-VAPOR3.0は液晶で残りの喫煙時間をカウントダウンで表示しているので、すごくわかりやすくなっています。

↓【販売サイトはコチラ】↓↑↑今最も売れている商品!

ヴェポライザー「WEECKE C-VAPOR3.0」のスターターセット

C-VAPOR3.0のスターターセットの内容物については以下の通りとなっております。

  • C-VAPOR3.0本体
  • ヒーティングチューブスペーサー
  • 予備メッシュ
  • クリーニングブラシ
  • シリコンマウスピース
  • パッキンツール
  • USBケーブル
  • ユーザーマニュアル

ヴェポライザーC-VAPOR3.0本体のスペックについて

C-VAPOR3.0には、良い機能が搭載されている、安い価格で喫煙できるということは理解いただけたと思います。

次にヴェポライザーC-VAPOR3.0本体のスペックに関する情報を紹介します。

本体サイズ 118mmx26mmx50.5mm
重量 126g
喫煙時間 4分間
充電時間 3時間
バッテリー容量 2300mAh
温度調節 160℃~230℃
チャンバー セラミック
充電電流 5V/1A

【レビュー】注目のヴェポライザーC-VAPOR3.0の使い方は簡単!

市販の紙巻きタバコをカットしたり、手巻きタバコのシャグを詰め込んだりとすごく手間がかかるのではないかと思われがちですが、割と簡単に使いこなすことが出来る商品になっています。

それでは、市販の紙巻きタバコ編から使い方をご覧ください。

シーベイパー3を紙巻きタバコを使って喫煙する方法

まず最初に、本体のマウスピースの部分を取り外してきます。マウスピースの部分はネジなどで作られているわけではなく、ゴムで固定されておりますので、上に引っ張るだけで取り外しが可能となっています。

画像のように銀色のヒーティングチューブスペーサーに市販の紙巻きタバコを入れて、はさみもしくはカッターでカットしていきます。もしくはそのままちぎることも可能です。

ヒーティングチューブスペーサーにタバコ葉が詰まっている状態のものを本体のチャンバーに入れて行きましょう。

最初に取り外したマウスピース部分を取り付けて、セットが完了になります。 その後、操作ボタン(電源ボタン)を2秒以内に5回連続で押すと電源が入る仕組みになっています。

  1. ヒーティングチューブスペーサーにタバコをセットする
  2. セットしたヒーティングチューブスペーサーをチャンバーにセットする
  3. 電源を入れる(2秒以内に5回プッシュ)
  4. 4分間の喫煙終了後、自動的に電源がオフになる
  5. 再度そのままの状態で加熱をスタートさせ2度のチェーンスモークが可能
温度変更!
電源が入っている状態で、ボタンを長押しすると温度が変わっていきます。お好みの温度に達しましたら指を離すと、その温度が固定されます。

シーベイパー3を手巻きタバコのシャグを使って喫煙する方法

まず最初に、紙巻きタバコの時と同様に本体のマウスピースの部分を取り外してきます。ゴムで固定されておりますので、上に引っ張るだけで取り外しが可能です。

ヒーティングチューブスペーサーに手巻きタバコ用のシャグを詰めていきます。 お好みの量のシャグを詰めていきましょう!

ヒーティングチューブスペーサーにシャグを詰め終わりましたら、本体のジャンバーにセットしていきます。

最初に取り外したマウスピース部分を取り付けて、セット完了になります。その後電源ボタンをオンにして喫煙することが可能です。

  1. ヒーティングチューブスペーサーにシャグを詰める
  2. 詰めたヒーティングチューブスペーサーをチャンバーにセットする
  3. 電源を入れる(2秒以内に5回プッシュ)
  4. 4分間の喫煙終了後、自動的に電源がオフになる
  5. 再度そのままの状態で加熱をスタートさせ2度のチェーンスモークが可能

ヴェポライザーC-VAPOR3.0を喫煙した感想について

実際にシーベイパー3を使用させていただきました。 今までは、アイコス・エースなどの加熱式タバコを喫煙していましたが、喫煙時間も4分間となっていてそれほど早いと感じることはなかった。

ですが、蒸気の量が少ないのが印象的だった。蒸気の量は少ないがしっかりとしたキック感・吸った感というものは実感したので、割と吸いやすいと感じました。

ニオイに関しては、設定温度次第で変わってきます。温度が高ければ高いほどタバコのようなニオイはしますが、温度を下げれば下げるほどニオイは減ります。

キック感がしっかりとしていて蒸気が少なく、ニオイも設定温度次第では減る。アイコスと比較しても、「キック感」「タバコ感」というものは【ヴェポライザーC-VAPOR3.0】の方が本来の紙巻きタバコに近いのではないかと思いました。

↓【販売サイトはコチラ】↓↑↑今最も売れている商品!

外出中でもすぐにシーベイパー3を使用できる

外出中にシーベイパー3を喫煙したくなる場合もありますので、そんな時に役立つのが別売りのヒーティングチューブスペーサーです。

家でヒーティングチューブスペーサーにシャグもしくはタバコを何個もセットしておけば、シャグを詰める作業なしで、外出先でもシーベイパー3をすぐに使用することができるのです。

シャグ1袋550円~880円で約40gの量となりますので、紙巻きタバコをセットするよりも断然にお得でタバコ代を節約することができます。

紙巻きタバコの値上げで狭苦しい世の中になってきている中、シーベイパー3を使用すれば、本数も気にせず、今まで以上に安くタバコ代を抑えることができる喫煙者にとって幸せすぎる製品になります。

ヴェポライザーC-VAPOR3.0のメンテナンス方法について

C-VAPOR3.0(シーベイパー3)のメンテナンス方法は「クリーニングブラシ」「パッキンツール」「綿棒」などを使用して簡単にメンテナンスを行うことが可能となっています。

それでは、シーベイパー3のメンテナンス方法の手順をご紹介していきます。

手順1:マウスピースを取り外そう

本体のマウスピースを上に引っ張って取り外して行きます。

手順2:パッキンツールを使用しタバコ葉を取り除く

付属品のパッキンツールを使用し、チャンバーに残っているタバコ葉を取り除いていきます。

手順3:クリーニングブラシ・綿棒を使用する

付属品のクリーニングブラシで優しく掃除した後、無水エタノールなどを染み込ませた綿棒で汚れのひどい部分を軽い力で擦っていきます。

注意事項!
この時ピンセットなどで強くガリガリと擦ってしまうと、チャンバーの表面のセラミックが剥がれて劣化につながる恐れがありますので十分に注意して下さい。

手順4:マウスピースをセットして完了

最初に取り外したマウスピースを本体に取り付けて、シーベイパー3のメンテナンスが完了となります。

ヴェポライザーC-VAPOR3.0の充電方法について

C-VAPOR3.0(シーベイパー3)の充電時間は約3時間でフル充電が完了になります。充電を行う時の電流に関しては、5V/1Aになります。

それでは、シーベイパー3の充電方法の手順についてご説明していきます。

手順1:本体にUSB ケーブルを差し込む

シーベイパー3本体の下の部分を確認していただければ、充電器の差し込み口がありますので、その部分に差し込んでいただきます。

手順2:USB差し込み口・ USBアダプターに差し込み充電

USB端末の差し込み口に差し込むか、別売りの USB アダプターを使用し、コンセントで充電を行う2種類にてシーベイパー3の充電を行うことができます。充電が行われていればLED液晶が上記の画像のように表示されています。

まとめ

ヴェポライザー「WEECKE C-VAPOR3.0(ウィーキー シーベイパー3)」の製品について使用した感想・使い方・メリットなどを紹介しました。

正直、これほどタバコ代を節約することのできる製品が販売されるとは思っていませんでした。まさに今の喫煙者にぴったりな商品で、売上が多くなっている理由も使用して理解することができました。

海外などではすでにこのようなデバイスのものが販売されていますので、日本でも注目を浴びて当然の商品だと感じました。

「タバコの値上げ・嫌なニオイ・物足りなさ」などで悩まされている方は、C-VAPOR3.0(シーベイパー3)を試してみてはいかがでしょうか?

↓【販売サイトはコチラ】↓↑↑今最も売れている商品!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です