コンビニで購入できるアイコスの新作ヒートスティック種類・味について

コンビニでアイコスが販売されているのは、愛飲者には、いつでも購入できるので気持ちの上で安定します。

タバコ好きな者には、タバコがきれると、やはりイライラです。最近気づきましたが、コンビニだけではなくドラッグストアにも、店頭販売されていたのです。

何か、安心したような落ち着いた状態になりました。

スポンサードリンク

コンビニとアイコスストア

いつも行くコンビニの若いバイトの店員に「アイコス売れているか」と問うと、「売り切れていましたが、やっと入荷しています」と言っていました。

店頭にはアイコスについての小冊子「IQOS2.4Plus新登場」まで置いてありました。レジの後ろのケース箱に「IQOSマールポーロの6シリーズ」があります。460円(税込)。

この店内装飾と同じようなのが、コンビニだけではなく、ドラッグストアにも飾ってありました。いかに人気商品であるかが分かりました。

コンビニに限って発売されて、買いやすくなった地域を記載します。東京都、埼玉、千葉、神奈川、宮城、大阪府、兵庫、京都が主です。

アイコスストアがある都心部もご紹介します。

  • 宮城ーアイコスストア仙台
  • 東京都ーアイコスストア原宿、銀座
  • 愛知ーアイコスストア名古屋
  • 大阪府ーアイコスストア梅田、心斎橋
  • 広島ーアイコスカトア広島
  • 福岡ーアイコスストア福岡
  • (北海道はこれから)

コンビニに行くと、アイコスのショウウインドーに並ぶレギュラーなどのマールポロと同じように、都心部のストアの県名が表示されています。

店舗を一つ紹介しますと、東京の銀座ストアは4丁目の和光の裏通りにあり、午前中でも店内は満員の状態でした。人気度が良く分かります。

新作ヒートスティック種類

タバコにあたるところを「ヒートスティック」といいます。満足感のある味わいです。ケース入りでタバコが短く凝縮されています。

6種類の味を楽しめる新型タバコ機器というものです。機器の色は2種類あります。「ホワイトー白」と「ネイビー青・黒っぽい」、それに特別色に「赤とビンク」もあります。

新型ヒートスティックは旧型に比べて改善されています。コーティング技術の改良と有りますが、見た目には旧型と同じです。

本体は白いセラミックで、プラチナ導線の貼り具合には、変更がないようです。不具合が絶えなかった「グレート折れ」に対策が施されている模様です。

新型アイコスと旧型アイコス

新型は全体に味がやや薄くなった感じがします。

ヒートスティックの新旧の吸殻を比べてみると、旧型の方が熱が伝わっています。新型は吸っていると、急に煙の水蒸気が少なくなるのも、状態の一つでしょう。新型は加熱が浅いのです。

だから、まわりのタバコペーストまで熱が伝わらず、味の核を引き出すのが、難しいと思われます。旧型はまわりのタバコペーストが変色するほどの熱量を帯びています。

プレートが折れやすく、新型よりも厚みが少ないので、熱が高温になりやすいのでしょうか。

私は新旧の2本を愛用していますので、その2本を比較ができます。新型の特徴は、味が特別に変わったと言う感じは受けませんが、改良された面が吸う者の気持ちを安定させるようです。

ゆったりした気分です。これまで壊れやすかったフタのツメなども改良されています。

気になる、全体のサイズもまったく同じです。チャージャーはほとんど変化なく、触った感じもサイズも旧型と同じです。見た目で変わったと思うのは、ボタンとランプの配置などが依然とは違っています。

使いやすく進化している

新型は加熱ホルダーの改良により、手動クリーニングボタンがなくなっています。もともとクリーニングボタンがあった場所には、ゴールドの「Q」と書いたリセットボタンが配置されています。

  • オープンボタンに小さな突起がついています。
  • これは手探りでボタンを探す時には良いのです。

「リセット方法」が変更してあります。

電源ボタンとリセットボタンの同時押しをします。リセットボタンは旧製品と違って少し出っ張っていて、かなり押しやすくなっています。

手を放した約1秒後に、すべてのランプが点灯し、その後に2回点滅すると、リセット完了です。

さらに「高輝度LEDランプ」のランプの配置が変更になっています。クリーニングランプが排除されましたが、その一段下に高輝度LEDを採用したことにより、一段と見やすくなりました。

なによりも助かるのは、ホルダーの充電時間が短縮されたことです。20%も短縮なのです。チャージャー満充電で約20回の喫煙が可能です。

スポンサードリンク

喫煙の早い人、遅い人

アイコスの喫煙時間と充電時間の関係は個人差があるようです。一回の喫煙が長いか、短いかの違いは、充電時間が変わります。

喫煙が遅く6分位の人は、ホルダーのバッテリーが完全になってないので、チャージャーのバッテリーも多く消耗します。次の充電時間が長くなります。

喫煙が早い人は、3分位で14回吸う場合は、まだホルダーに電力が残っているので、チャージャーのバッテリーも消費が少なく、つぎの充電も早い。

アイコス公式の「チャージャー充電でホルダー20回分」というのは、1回の喫煙でも6分間使用した場合です。また3分以上で吸う人は、「ホルダー40回位」使用することが可能。

実際に吸ってみると、2分半くらいと割合に早い。2分半使用したホルダーをチャージャーセットして、充電約3分で充電完了しました。

結論として、早く吸うとホルダーの充電時間が短くなる。結果、チャージャーのバッテリーの消耗を抑えることができます。

1回の喫煙で、3分以内にすれば、30-40回位の喫煙が可能になるようです。

1回に1個以上吸う人は、吸うスピードを早くすると、1日バッテリーが持つようです。気楽に吸っているのですから、慌てずに、気分よくゆっくり吸いたいものですが、人それぞれで問題はないのです。

IQOSデビュー

前述していますが、「タバコは充電する時代」ということをIQOSのメーカーは広報しています。本物のタバコ葉を過熱するのですから、タバコ本来の味と香りを楽しむことができます。

火を使わない、灰が出ない。ニオイが少ない。空気を汚さないのです。革新のタバコ加熱システムです。

つまり本物のタバコ葉を、革新のヒートテクノロジーで過熱タバコ本来の味わいを思う存分楽しむ。それに煙やニオイといったまわりの人が感じる不快な思いを減らしています。

IQOSは、そんな要望を叶えるもとに研究開発されています。

吸うことにこだわった後は、自分の時間をゆったりした気持ちにして、コンビニに行き、好きなアイコスを手にしてみましょう。前にも触れていますが、レジの後ろの大きなタバコケースに、最近IQOS専用のケース棚が作られています。

その商品6つの種類と味わいをご紹介してみます。

「IQOSマールポロ ヒートスティック シリーズ」各460円(税込)。1カートン10(パック)4600円(税込)。

ただし、タバコのヒートスティックのみで、「NEW IQOS2.4plusキット」は販売されておりませんでした。マールポロ6種類だけです。

NEW IQOSのヒートスティック2種類の味

加熱式タバコは、最初のうちは少し物足りなく感じるものですが、でもすぐにタバコらしい濃厚な味わいを知ると思います。

  • (NEW)スムースレギュラー:白いパッケージ。うたい文句は「深みのある旨味。スムースな後味」を強調しています。

レギュラーとバランスドレギュラーの中間の感じ。比較的やさしいスムースな吸い口。レギュラータバコでライトやスーパーライトあたりを吸っていた人向けです。名前の通りスムースにタバコらしい深みのある味わいがあります。

こんな人には吸いやすい味かもしれません。

「タバコの深みを残しつつ、スムースに吸いたい」「バランスドレギュラーで少し物足りなさを感じる」「レギュラータバコでライト以上を吸っている」などの体験者です。

  • (NEW)バープルメンソール:紫のパッケージ。うたい文句は「芳醇な爽快感。リッチアロマメンソール」を強調しています。

実際に吸ってみますと、個人的には最近、この味が楽しみです。紙巻きタバコで多い、柑橘系のフレッシュな味わいをたのしめるタイプに似ています。吸い口はメンソールミントが強めで、ブルーベリーの甘い香りとスッキリな後味が特徴です。

メンソールが苦手だと、少し厳しいかもしれません。またアイコスの独特の味と香りが苦手と言う人は、しっくりくるタバコかもしれません。

この2本が「NEW」として発売中です。

スポンサードリンク

プラス4種のヒートスティックの味

あとの4シリーズは次の通りです。

  • レギュラー:青のパッケージ。うたい文句は「味わい濃厚」だけを強調しています。

実際に吸ってみますと、6種類のなかでも、一番タバコらしい濃厚な味わい。特有の香りも一番強い気がします。タバコらしい味わいを求める方はコレでしょう。

このレギュラータバコがメインです。ニコチンも多少感じて、現在8㎎以上のタバコ愛飲家にはお勧めでしょう。

  • バランスドレギュラー:薄い青のパッケージ。うたい文句は「心地よい後味」だけを強調しています。

普段1~5㎎以下のレギュラータバコをメインで吸っていたという方にお勧めです。アイコスは最初のうちは少し軽く感じます。吸っているうちに、それがスタンダードになっていきます。

このタバコは「軽めのレギュラータバコがメイン」「ニコチンは軽めが良い」「「煙を吸う行為を楽しみたい」という人に合うようです。

  • メンソール:緑のパッケージ。うたい文句は「力強い爽快感」だけを強調しています。

爽快感をしっかり味わいたい人はぴったりでしょう。いわゆるメンソールは「ハッカのスーとする味」です。アイコスには3種類のメンソールがあります。

強く感じるメンソールは下記の順です。

  1. 強いメンソールが味わいたいなら「メンソール」。
  2. 甘めな香りを楽しみたいなら「パープルメンソール」
  3. ほんわりメンソールを楽しみたいなら「ミント」

これらの「メンソール」は、スキッとしたい人向きかも知れません。

  • ミント:薄緑のパッケージ。うたい文句は「軽やかな清涼感」だけを強調しています。

内容は上記(3.)番の通りです。初めてのメンソールの人向きかも知れません。気分がすっきりすると思います。

以上、これら6種類です。一日の気分によって、種類を楽しみたいですね。

アイコス故障かな?ホルダーが赤点滅、橙点滅!原因と解決方法

2017.12.04

アイコスの副流煙による 妊娠中の方や赤ちゃん、子供への影響は?

2017.12.04

アイコスのヒートスティック味人気ランキング!紫と白の味について

2017.12.04

アイコスホームページの登録解除や登録変更などについて

2017.12.04

アイコスのスティックが熱いというのは故障なのか?

2017.12.02

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です