アイコスの副流煙について害はあるのか?タバコとの比較

ものすごい人気となったアイコスという加熱式電子タバコですが、アイコスもタバコの一種となっており、副流煙ももちろんあります。

アイコスは有害物質が90%以上カットされていると言われております。

しかしアイコスにはタールはほとんど含まれていないのですが、ニコチンは含まれています。

このようなアイコスなのですが、副流煙には有害物質という害は含まれているのでしょうか?

今回は、アイコスの副流煙について害はあるのか?そしてタバコとアイコスの害についての比較なども行って行きますので、ご確認いただければと思います。

≫≫最新情報提供中≪≪
プレゼント企画実施予定

友だち追加

スポンサードリンク

アイコスの副流煙とは

アイコスは有害物質を90%カットしており、「煙が出ない」ということをアイコスは売りにしているのですが、この煙が出ないと言うことは、副流煙というものは存在しないのではないかと思います。

煙が出ないということを売りにしているのに、吸っている方なら分かると思いますが、煙出ていますよね?

なので皆さんの疑問が解決しないままだと思いますので、今回その問題について解決していきつつ、上記でご説明したものも解決していきたいと思います。

アイコスは副流煙出るのか

アイコスというものは、吸って吐いた時に煙みたいなものが出ているのが分かると思いますが、アイコスには「煙」というものは存在しない。

じゃあの煙みたいなものは何なのか、それはアイコスから出ている「水蒸気」というものになります。

その水蒸気には独特な匂いなどがありそれを不快に感じる方がいらっしゃいますので、その水蒸気のことを「副流煙」という風に捉えられているのではないかと思います。

タバコの場合

タバコ→火が必要→副流煙が出る→においがつく。

アイコスの場合

アイコス→有害物質90%カット→タールが含まれていない→副流煙は出ない→水蒸気が出る→独特の匂いが出るがすぐに消える→充電が必要→クリーニングも必要。

有害物質90%カットは本当?

アイコスの有害物質90%カットっていうものは、本当のことでありますが、90%カットということなので、残り10%は有害物質が残っているということになります。

タールというものは含まれていないが、ニコチンは含まれていますので、ニコチンもひとつの有害物質となっております。

アイコスの副流煙と言われている水蒸気ですが、化学物質に敏感な方などでしたら体調が悪くなったりしている方もいらっしゃいます。

化学物質に敏感な方ではない限り、90%カットされているので大抵の肩は大丈夫なレベルの副流煙という名の水蒸気となっております。

世の中には様々な方がいらっしゃいますので、周りへの配慮を怠ってはいけません歯、自分の体を大切にすると言うならば、アイコスとタバコをやめるのが一番だと思います。

問題になった発がん性物質

少し前に問題になったというものは「発がん性物質がアイコスには含まれている」このようなことが世の中で騒ぎになりました。

「その発がん性物質が紙巻きタバコより多く含まれている」と言われていましたので、問題になったということになります。

アイコスはタバコなので当然ニコチンは含まれていますし、それに基づく有害物質がある。しかし全体的に見ればその有害物質はやはり紙巻きタバコよりは少ないですが、独自に調査した結果一部発がん性物質は多いかもしれない。引き続き調査が必要。とアウアー博士は述べた。

ということになっておりましたので、アイコスも危険かもしれない。ということを頭に入れておく必要があります。

このようなことに、 iQOS の公式の回答としましては、完全に否定されていました。

むしろ、タバコやアイコスを吸っている方でしたら、発がん性が気になるとか有害物質が気になるとか、そういうことを思っているのでしたら、やめるのが一番だと思います。

その結果がどうであれ、きっとやめない方が多いと思いますので、気にするぐらいでしたらタバコとアイコスやめてみてもいいんじゃないでしょうか?

アイコスとタバコの比較

アイコスとタバコではどのように変わってくるのか、比較していきますので確認していただければ、結果は見えてくるのではないかと思います。

煙についての比較

アイコスの場合

  • 煙たくならない
  • 目が痛くならない
  • 独特な匂い
  • 匂いがすぐ消える

タバコの場合

  • 目にしみる
  • 煙たい
  • むせる
  • ヤニの匂いがすごい
  • 衣服や髪の毛に匂いがつく
  • 匂いが残る

上記のように確かに紙タバコの場合は煙が目に入ったりするとすごいしみることがあります。ですがアイコスの場合目に入ってもしみない、そして煙たくないというところが分かります。

これはどうしてそういうことになっているのか、煙・水蒸気のことについて比較していきたいと思います。

煙・水蒸気の違い

アイコスの場合

  • 灰が出ない
  • 燃えていない

タバコの場合

  • 灰が出る
  • 燃えている

これは火を使用しているかしていないかが大きなポイントとなっている。

アイコスはもやしているわけではなく、加熱して水蒸気を出しているということになります。なのでアイコスは加熱式電子タバコのアイコスです。

スポンサードリンク

含まれる成分の比較

アイコスの場合

  • ニコチン
  • グリセリン
  • 水分
  • 一酸化炭素

タバコの場合

  • ニコチン
  • 一酸化炭素
  • タール

タバコとアイコスに含まれる成分は、それほど変わりがないことがわかります。

ですが、アイコスの水蒸気の主成分は、ニコチンとグリセリンと水分となっております。一酸化炭素などの有害物質は、普通のタバコに比べると非常に少ない量になっております。

このようにアイコスと普通のタバコを比較して行きましたが、いかがでしたでしょうか?

結論から言いますと、「アイコスは90%以上を有害物質をカットされているが、10%は有害物質を含んでいる。なので、アイコスの副流煙と言われている水蒸気にも有害物質は含まれている。」 このようになります。

スポンサードリンク

まとめ

今回はアイコスの副流煙について害はあるのか?

そしてアイコスとタバコの比較などについても記載させていただきました。

結果的に普通のタバコに比べればアイコスの害は少なくなっているけど、多少の有害物質は含まれていることが分かっています。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

≫≫最新情報提供中≪≪
プレゼント企画実施予定

友だち追加

アイコスの種類と味!ニコチン量についての情報

2017.12.06

アイコス新型のネット購入方法の説明とメリット・デメリット

2017.12.06

新型アイコスの故障した時の交換について!旧アイコス交換したら新型になるのか?

2017.12.06

アイコス故障!ホルダーの蓋が閉まらない、ゆるい時の解決方法

2017.12.06

コンビニで購入できるアイコスの新作ヒートスティック種類・味について

2017.12.04

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です