アイコス吸っても煙でない、煙が少ない原因と対策方法について

アイコスを吸っていて何かいつもと違うと感じ、まずく感じたことはありませんでしょうか?

それはきっと、アイコスの煙の量とすった時の違和感だと思われます。 どうしても普通の紙タバコをすっていた場合は、アイコスの吸いごたえがただでさえ少ないのに、煙の量がいつもと違う場合は、ますます吸いごたえがないと感じることがあると思います。

このままですと、普通の紙タバコの方が良いと感じて、紙タバコに戻ろうとすると思いますが、今回はその悩みについて解決していきたいと思っております。

今回はアイコスを吸っても煙が出ない、煙が少ない原因と対策方法などについて記載させていただいておりますので、そのような問題を抱えている方には必見な内容です。

≫≫最新情報提供中≪≪
プレゼント企画実施予定

友だち追加

アイコスの煙が少なくなる原因

今回の悩みの一つであるアイコスの煙が少なくなること。

これは一体どのようなことが原因でこのような現象が起こっているのかについて、様々なことが見つかりましたので、自分の持っているアイコスの現象と比べてみてはいかがでしょうか!

空気が漏れるような感じ

アイコスのヒートスティックをいつものように加熱ブレードにセットして、いつものように吸っているのだが、普通に吸える時とは違ってスカスカしたような感じで空気が漏れるような感じがして、なかなか満足に吸えない時があります。

この症状は、アイコスを持っている方でしたら誰でも経験のしたことのあることだと思われます。

この時の症状は、吸った気もしませんし、味も結構まずいと感じます。そして使用している方のイライラがたまりやすくなる。

捨てるわけにもいかないのでそのまま続けているのですが、イライラは止まらない。そして1本目が終わって、2本目を吸ってみたら、またしても同じ現象が起こってしまう。

ヒートスティックとブレードが噛み合っていない

上記の現象はなぜ起こるのか…!

しっかりとアイコスが吸える時もあるし、上記のように吸えない時もある。この症状は一番初めに疑うべき場所は、ヒートスティックとブレードの噛み合いだと思われます。

ヒートスティックの葉の方向と、加熱ブレードの方向が平行にサクッとセットされている状態ならしっかりと吸えているはずなのですが、加熱ブレードに対して葉の方向が斜めだったりしますと、葉とブレードの間に隙間ができてしまい、吸った時に空気が漏れてしまい正常に吸えない時がある。それが上記で説明したものの原因だと思われます。

アイコスに慣れてきたら、ヒートスティックを刺した時の感触で上手く刺さったかどうかが、しっかりと判断できるようになってきます。たまに方向間違って、非常に固くてなかなかヒートスティックがブレードに刺さってくれない場合も出てきます。

そのような時は、上記でご説明させていただいた症状が発生いたします。ですが、このとき一度刺してしまったものですから、もうそのヒートスティックは我慢して吸うか、諦めてアイコスの電源を落とすしかありません。

そうならないためにも、しっかりとヒートスティックの葉を確認して、ブレードに刺すようにしましょう。

アイコスの煙が少ない時の対策方法

アイコスを吸った時に、もう二度とあのような不快な気分になりたくなくて、いつも通りアイコスを使用していきたいという気持ちが強いと思いますので、これを機にいくつかの方法を紹介していきますので、試してみてはいかがでしょうか。

ヒートスティックの乾燥を防ぐ

アイコスの煙が少ない時の現象としまして、ヒートスティックの葉の乾燥が原因ということもありえます。

ですので、ブレイドにヒートスティックをさす前にヒートスティックの葉の方に息を吹き込むという方法があります。

この時注意することは、あまり息を吹き込みすぎるとヒートスティックの紙がふにゃふにゃになってしまうことがありますので、ご注意ください。

そしてメンソール系のヒートスティックを吸っている方は、ヒートスティックを加えて息を吹き込んだ時は、唇が少しヒリヒリとしますのでご注意ください。

この効果は結構効果があるとアイコスをお持ちの方が言われておりますし、不快に感じている方々がこのやり方で、良いと絶賛されているようです。

フィルターを取り除く

先に行っておきますが、このような方法もありますよ!と言う紹介ですので、今から紹介するものはあまりおすすめはできませんが、このような方法で煙を出せます。

ヒートスティックを加熱ブレードにさせて加熱させた後、吸い口になるフィルターをポキッと折って取り除きます。

アイコスを吸っていて思うと思いますが、後半になればなるほどヒートスティックとアイコスが熱を持って熱くなることが分かると思います。

ヒートスティックのフィルターを取り除くということは、さらに熱い蒸気を感じるということになってしまいます。

体にも良くありませんし、上記の熱さもあまり良くありません。ですがこの方法だと煙が多く出るということが分かっております。

時間差でヒートスティックをさす

この方法は、おすすめな方法となっております。

まず、ヒートスティックを入れる前に、加熱ブレードを先に加熱させます。加熱が開始されて1~2秒後にヒートスティックを差し込んで見ますと、先にブレードが加熱されておりますので、ヒートスティックが刺さりやすくなって、すんなりサクッとさせるようになります。

今までは、加熱させる前にヒートスティックを差し込んでいたのですが、そうしますとサクッと行くときもありますし、なかなか奥まで入ってくれない時もある。

そのような時に思いついた方法になります。

煙が少ない、煙が出ない、ヒートスティックがうまく刺さらない、このような悩みをお持ちの方は、ぜひこの時間差でヒートスティックをさすということを試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回はアイコスを吸っても煙が出ない、煙が少ないなどの原因と対策方法について記載させていただきました。

結果的に原因としましては、ヒートスティックとブレードの噛み合いとヒートスティックの葉の乾燥が原因だと思われます。

それに対しての一番おすすめの対策方法は、時間差でヒートスティックを差し込む方法となります。これは今でも私が使用していますし、今まで使用していますが何も問題が起きておりません。

少しでも皆さんのイライラの解消になっていただければと思い、紹介させていただきました。

何か一つでも試してみなさんの役に立てればと思っております。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

≫≫最新情報提供中≪≪
プレゼント企画実施予定

友だち追加

アイコスの匂いがくさい!迷惑!匂いの取り方や改善方法はあるか?

2018.02.24

アイコスを吸うと胃痛や腹痛が起きる原因と対策方法について

2018.02.24

アイコスの副流煙について害はあるのか?タバコとの比較

2018.02.24

アイコスの種類と味!ニコチン量についての情報

2017.12.06

アイコス新型のネット購入方法の説明とメリット・デメリット

2017.12.06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です