アイコスの使い方!クリーニングボタンと裏ワザについて

発売当初からものすごい人気のある加熱式電子タバコのアイコスは、アイコスホルダー内にヒートスティックの焦げカスなどが溜まりますと、アイコスのヒートスティック本来の味を楽しむことが出来なくなってしまいますので、定期的なクリーニングが必要になってきます。

そこで今回は、アイコスのクリーニング方法やアイコスチャージャーの自動クリーニング機能(旧型アイコス)などについてご紹介させていただきます。

最近アイコスが調子悪い。アイコスの味が少し変わってきた。アイコスがまずい。アイコスホルダーの加熱ブレードのところに焦げカスが詰まっている。このような方々には是非、ご確認していただきたいと思っております。

新型アイコスの掃除方法(クリーニング)の手順やコツ・掃除キットについて

2018.03.12

アイコス本体とヒートスティック人気の味の種類やニコチンの量について

2018.03.10

≫≫最新情報提供中≪≪
プレゼント企画実施予定

友だち追加

アイコスをクリーニングした方が良い理由とは

アイコスのヒートスティックを吸い終わった後、ヒートスティックをアイコスホルダーから抜くのですが、その後、細い焦げカスなどの汚れがアイコスホルダーの加熱ブレードの周りにどうしても残ってしまいます。

加熱ブレード の周りに汚れが溜まりますと、新たにヒートスティックをさした際に、十分な熱が伝わらなくなってしまい、アイコスのヒートスティックの味が落ちてしまいます。

そして、全くクリーニングをしていないと、アイコスのヒートスティックを挿入した時、奥まで入りにくかったりします。それで思いっきりヒートスティックを押し込んだ時、加熱ブレードが破損してしまう恐れもあります。

アイコスのクリーニング方法について

アイコスには、購入された時の付属品としまして、「クリーニング専用ブラシ」というものがあります。そのクリーニング専用ブラシを使用して、アイコスのホルダーを掃除するのですが、ブラッシングだけではしつこい汚れを全て取ることは不可能です。

クリーニング専用ブラシを使用してブラッシングした後は、純正品の「アイコスクリーニングスティック」という物を使って、ブラッシングで取れなかった残りの汚れを取り除くことが推奨されております。

ただし、アイコスホルダーをクリーニングする際には、十分に注意しなければならないことがあります。

アイコスホルダーの加熱ブレードには十分に注意

アイコスホルダーないお掃除する際には、加熱ブレードに触らないように注意しなければなりません。加熱ブレードを傷つけてしまいますと、場合によっては加熱ブレードが折れてしまう場合があります。

どのようにして加熱ブレードを掃除していけば良いのかをこれからご説明させていただきます。

アイコスのクリーニングの注意事項について

アイコスホルダーの加熱ブレードを直接掃除する他にも、綿棒や爪楊枝を使用して故障を発生させる事例が多くあります。

アイコスの専用クリーニングブラシは高価であるため、綿棒にエタノールをつけてクリーニングを行う方法や、細かの汚れを取るために爪楊枝を使用し、クリーニングを行ったりしているようですが、その結果加熱ブレードが傷つくことで、アイコスホルダーの故障につながります。

爪楊枝のような先端が尖っているものを使用しますと、クリーニングの際に意図せず加熱ブレードに傷をつける可能性が高まってしまいます。

加熱ブレードに傷がつくことで、アイコスが使用できなくなる場合もあります。

また、細いヒートスティックの焦げカスなどを取り除くために、アイコスホルダーを机などに叩きつけて落とそうとし、それが故障の原因となることもあります。

アイコスはひとつの電子機器なので強い衝撃を加えることにより、故障の原因の一つとなりますので、しっかりとしたクリーニング方法を行うことをお勧めいたします。

アイコスの自動加熱クリーニング機能について

アイコスチャージャーは、ヒートスティック20本程度のアイコスを吸い終わった後、自動でクリーニングを行う機能が備わっております。

この機能は、旧型のアイコスの機能となっております。

アイコスのランプパターンでクリーニングがわかる

いつものようにアイコスチャージャーがアイコスホルダーを充電している時に、緑色のライトが点滅します。

そして、アイコスチャージャーのランプがオレンジ色に点滅している時は、アイコスの自動加熱クリーニング中であるということが分かっております。

アイコスホルダーが自動加熱クリーニング行われている時、アイコスホルダーをポケットチャージャーから抜くことは行ってはいけません。

アイコスチャージャーの加熱クリーニング機能では、直接掃除をすることができない加熱ブレードを温めて、アイコスのヒートスティックの焦げカスなどを落としています。

故障の原因となる可能性があるため、アイコスチャージャーがクリーニング中である場合は、クリーニング終了までアイコスホルダーを抜かないようにしておきましょう。

アイコスのクリーニングボタンについて

旧型アイコスにはクリーニングボタンというものがあります。

アイコスチャージャーは自動で加熱クリーニングを行いますが、アイコスチャージャーにあるクリーニングボタンを押すことで、手動で加熱クリーニングを起動させることもできます。

アイコスのポケットチャージャーの側面を見ていただければ分かると思いますが、側面にある一番下の電源ボタンの上にあるボタンのことを、「クリーニングボタン」と言います。

クリーニングを行う時の裏ワザ

アイコスのクリーニングを行うときブラッシングを行うと思いますが、その時のちょっとした裏技についてご説明させていただきます。

専用クリーナーブラシを使用する前に、加熱クリーニングをしておくと、よりアイコス専用ブラシを使ってクリーニングすると、ヒートスティックの焦げ数などの汚れが取れやすくなることがわかりました。

新型アイコスには加熱クリーニング機能がない

旧型アイコスには加熱クリーニング機能・ボタンがあったのに、どうして新型アイコスには加熱クリーニング機能が付いていないのか。

新型アイコスのホルダーの加熱ブレードには、コーティングがされているのです。

コーティングがされている代わりに、加熱クリーニング機能が付いていないということです。

なぜなら、加熱ブレードを掃除するたびに、故障を引き落とす事例が非常に多くあったためです。

アイコスホルダーの加熱ブレードがコーティングされたことにより、加熱ブレードの掃除が非常に楽になったという声も上がっております。

アイコスの使い方について

アイコスを初めて使うという方もいらっしゃると思いますので、アイコスを使用したことがある方でも、初心に戻ったつもりでアイコスの使い方を確認してみてはいかがでしょうか?

アイコスの充電について

まずアイコスを購入したばかりですと、充電がされていない場合もあります。その場合のことを考えてからの手順となっておりますので、ご確認ください。

  • ホルダーをポケットチャージャーに入れます。
  • ポケットチャージャーの電源ボタンを長押ししてアイコスを起動します。
  • 白色ライトが点滅から点灯に変われば(約4分間)、ホルダーの充電が完了し、使用できます。ホルダーをポケットチャージャーから取り出します。

この(3.)の手順で充電が完了ということになり、次のステップへと進みます。

ヒートスティックの挿入について

アイコスを使用するのに必要なものは、「アイコス専用のヒートスティック」と呼ばれているものになります。このヒートスティックを加熱して、吸えるようになるのがアイコスです。

  • アイコス専用のヒートスティックに印刷された線があるのですが、その目安になる線までアイコスのホルダーに挿入していきます。

 

  • アイコスのヒートスティックは絶対に捻らずに、まっすぐ挿入して下さい。使用方法を誤るとホルダーの加熱ブレードが破損する恐れがあります。加熱ブレードが破損しますと、アイコスが使用できなくなります。

ホルダーの加熱について

先ほど挿入についてご説明させていただいたとき、「ヒートスティック」というものが出てきたと思われます。そのヒートスティックとホルダーの加熱についてのご説明をさせていただきます。

  • ライトが白色に点滅し、バイブレーターが動作するまで、電源ボタンを長押ししてください。バイブレーターが動作したら加熱が始まります。(約20秒間)

 

  • 白色のライトが点灯に変われば、ヒートスティックを楽しみいただけます。アイコスのヒートスティックは一本あたり約6分間、もしくは14回吸い込むまで(いずれか先に達した方が適用)お楽しみいただけます。

 

  • 白色のライトが点滅し、アイコスホルダーのバイブレーターが動作すると、残り30秒もしくは、2回吸い込むまで(いずれか先に達した方が出来を)楽しむことができます。その後自動的に電源オフになります。

アイコスのヒートステックを取り出す方法

上記のご説明では、アイコスのヒートスティックを吸い終わるところまででしたが、今回の取り出すという方法ですが、非常に重要なポイントがありますので、必ずご確認ください。

  • アイコスのヒートスティックを取り出すには、アイコスホルダーのキャップをスライドして引き出してから、アイコスのヒートスティックを取り出してください。取り出す際は、加熱ブレードの破損を防ぐために、絶対に捻らずにまっすぐ引き出してください。
    使用後のヒートスティックが変色していても問題はありません。通常のゴミと同じように破棄してください。

 

  • アイコスのヒートスティックを一本使い終えることに、ホルダーをポケットチャージャーに戻してください。4分程度でホルダーの充電が完了します。

まとめ

今回ご説明させていただいたものは、アイコスの使い方とアイコスのホルダーのクリーニング方法とアイコスのチャージャーのクリーニングボタンと裏技についてご紹介させていただきました。

アイコスのチャージャーのクリーニングボタンというものは、旧型アイコスにしかありませんので、旧型アイコスをお持ちの方であればご確認していただきたいと思います。

アイコスのクリーニングがどれほど重要なものなのかが分かっていただけましたでしょうか?

これからもアイコスをしっかりとクリーニングしていき、アイコスそのものの味を楽しみ生活していきましょう。

≫≫最新情報提供中≪≪
プレゼント企画実施予定

友だち追加

アイコスの値段がクーポン使用でコンビニで半額!?

2018.03.02

新型アイコスのボタンの機能説明と使い方・裏技について

2018.03.01

アイコスの会員登録してもメールこない時の原因と対策方法

2018.02.27

アイコスの会員登録とクーポン割引・招待コードとは

2018.02.27

アイコスのホルダーが赤点滅!ホルダーリセット方法と裏技

2018.02.27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です